防犯灯について

公開日 2013年07月29日

防犯灯
防犯灯

 防犯灯は、夜間不特定多数の方が通行する町道で、原則暗くて通行に支障がある場所や防犯上不安のある場所に、自治会・消防団からの申 告により設置された20ワットの蛍光灯のことで、設置場所の状況に応じて、電柱に共架したものや、専用の柱を立て取付を行うタイプのものがあります。ま た、過去に寄贈や国・県の事業により設置された様々な形態の水銀灯などもありますが、順次蛍光灯への変更をお願いしています。現在町内には約600灯の防 犯灯が設置され、自治会・消防団などによって維持管理されています。

 

【防犯灯の設置について】

 防犯灯の新設については、原則として行っていません。住民の居住地域の移動などにより、防犯灯の必要な箇所が変更になった場合、地元自治会で話し合っていただき、既存防犯灯を移設することで対応をお願いしています。

 

【防犯灯の維持補修について】

 県道に設置されている水銀灯やナトリウム灯などは県の管理になり、町産業建設課(42-1506)を通して維持管理をしています。

 それ以外の防犯灯の管理については、各地区の役員さん又は消防団員、もしくは町総務税務課(42-2511)までお問合せください。

関連ワード

お問い合わせ

所属 企画総務課
TEL:0885-42-2511