宮城県被災地へ町職員を派遣

公開日 2013年07月30日

徳島県は、関西広域連合宮城チームの一員として、宮城県北部沿岸市町支援本部を立ち上げ、県職員の派遣を3月23日から実施しています。

 

今回、被災地での支援活動について、県から勝浦町への参加要請がありました。

そこで、第5次派遣として4月15日から10日間、気仙沼市へ町職員1名を派遣することとしました。

 

支援活動の主な用務は、救援物資の受け取り(荷の積み降ろし)や救援物資の管理(品目毎の仕分け、数量管理)、自治会への提供となっています。

現地では、電気、水道がまだ完全には復旧しておらず、厳しい状況ですが、支援本部の一員として支援活動を行ってまいります。

 

また、第6次以降についても、町職員の派遣を検討し、被災者の支援と被災地の復興に協力していきたいと考えています。

お問い合わせ

所属 企画総務課
TEL:0885-42-2511