国民健康保険について

公開日 2014年04月01日

国民健康保険(国保)は、いつ起るかわからないケガや病気にそなえて、加入者の皆さんがお金を出し合い、必要な医療費などに充てる助け合いの制度です。病院の窓口で保険証を提示すると、かかった医療費の一部を支払うだけで安心して医療を受けることができます。

 

■国保に入るとき

 


手続きに必要な書類
勝浦町に転入したとき 印鑑、前年中の所得のわかるもの
職場の健康保険をやめたとき 印鑑、前年中の所得のわかるもの
健康保険資格喪失証明書
子供が生まれたとき 印鑑、保険証、母子手帳
※出産育児一時金の手続きもお忘れなく
生活保護が廃止になったとき 印鑑、前年中の所得のわかるもの
生活保護受給期間証明書

◆すでに加入者がいる世帯では、国保の保険証が必要です。

◆退職者医療制度に該当する場合は、年金証書が必要です。

 

※届出は14日以内に(届出が遅れた場合、加入した月まで遡って保険税を納めなければなりません。)

例:6月に会社をやめて9月に国保加入の届出をした場合(保険税は6月まで遡って納めます)

 

■国保をやめるとき

 


手続きに必要な書類
勝浦町外に転出したとき 印鑑、保険証
職場の健康保険に加入したとき 印鑑、国保の保険証
健康保険資格取得証明書
死亡したとき 印鑑、保険証
※葬祭費の手続きもしてください。
生活保護が開始になったとき 印鑑・保険証・生活保護受給期間証明書

※国保をやめる手続きをしないで保険証を使っていると後日医療費を返還していただく場合もあります。

 

■その他の手続き

 


手続きに必要な書類
町内で住所がかわったとき 印鑑、保険証
加入者の氏名がかわったとき 印鑑、保険証
世帯を分けたり合併したとき 印鑑、保険証
他の市町村の学校へ行くとき 印鑑、保険証
在学証明書
保険証を紛失したとき 印鑑

※保険証をなくしてしまったり、空き巣や車上荒らし、盗難にあった場合は急いで警察に届けるようにしてください。保険証は、保険に関する証書以外に身分証明書としての役割もはたしますので、第三者が悪用する可能性があり危険です。

また、保険証から生年月日などの個人情報が流出する可能性もあります。

関連ワード