個人住民税の特別徴収(給与天引き)について

公開日 2014年04月01日

■特別徴収とは

 

特別徴収とは、個人住民税を毎月の給与から天引きし、事業所で総括して納めていただく方法のことです。(これに対し、個人で納めていただく方法を普通徴収と呼びます)

個々に税金を納める手間が省けること。普通徴収が通常4期分割であるのに対し、特別徴収は原則として、6月~翌年5月の12期分割であるため、1期あたりの税負担が少ないなどのメリットがあります。

新しく就職した方、現在は普通徴収など方も、普通徴収から特別徴収に切り替えることもできますが、切替の手続きは各事業所で行います。詳しくはお勤め先の担当者にお問い合わせください。(納期が過ぎた分を切り替えることはできませんのでご注意ください。)

 

■事業所の担当者の方へ

◆特別徴収の場合の個人住民税の納め方

毎月の給与から天引きした個人住民税を翌月10日までにまとめて 納めていただきます。

(税額計算については町が行うので事業所では必要ありません。)

 

◆個人住民税の特別徴収のお願い

地方税法及び町条例の規定により、給与所得者の個人住民税は原 則として特別徴収により納めることとされています。確実な税の徴 収のため、特別徴収を実 施していない事業主の方におかれましては、法律の趣旨をご理解し特別徴収に移行していただきますようご 協力をよろしくお願いいたします。

 

◆異動届等について

次のような事由が生じた場合は届出が必要ですので速やかに役場 に提出してください。

 

○特別徴収を行っている方が退職等により特別徴収できなくなった。

○特別徴収を行っている方が転勤等により転勤先で引き続き特別徴収することになった。

○給与支払報告書の提出後に退職等により次年度(6月以降)の特別徴収ができなくなった。

⇒【給与所得者異動届出書】を提出してください。

 

○普通徴収の方が特別徴収することになった。

⇒【町民税・県民税 特別徴収への切替(追加)届出書】を提出してください。

 

○特別徴収を行う事業所の名称や所在地等が変更になった。

⇒【特別徴収義務者 所在地・名称変更届出書】を提出してください。

 

■関連ファイルのダウンロード

 

給与所得者異動届出書(79.2KBytes)

町民税・県民税 特別徴収への切替(追加)届出書(5.97KBytes)

特別徴収義務者 所在地・名称変更届出書(40.4KBytes)

関連ワード

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード