木造住宅耐震化促進事業のご案内

公開日 2020年05月01日

【R2.5.1公開】

 

 

まったなし!住まいの耐震化

 

 

 今後30年以内に70~80%程度の確率で発生が予測される「南海トラフの巨大地震」や

 

活断層地震などの大きな地震による建物の倒壊や家具の転倒による圧死から身を守り、迅速に

 

避難するためには、住まいの耐震性を確保することが重要です。

 

 勝浦町では、大地震での住宅の倒壊等による被害の軽減を図ることを目的として、耐震性の

 

ない木造住宅の耐震改修工事等に対してお得な補助金制度を設け、住まいの耐震化を支援して

 

います。

 

 

 今年度より耐震改修支援事業の補助額を最高120万円→140万円に、

 

耐震シェルター設置支援事業を最高80万円→110万円に引き上げました!!

 

 さらに、耐震改修支援事業または耐震シェルター設置支援事業と併せて使える

 

住まいのスマート化支援事業(最高30万円、町内業者が施工でさらに20万円

 

上乗せあり)を新設し、耐震化と併せて行う最先端のリフォームについても

 

補助金が使えるようになりました。

 

 ぜひこの機会にご利用ください!!

 

 

 

 

耐震診断(無料)

 

 

 大規模な地震に対して、どの程度の安全性があるかを判定するものです。

 

 耐震診断員(建築士)がご自宅を訪問し、現地調査(2時間程度)を行います。

 

 後日、耐震診断員が再度訪問し、診断結果を説明します。費用は無料です。

 

 

 

対象となる住宅

 

 ・平成12年5月31日以前に着工された木造住宅で、3階建て以下のもの

 

 ・在来軸組構法、伝統構法、枠組壁工法(ツーバイフォーなど)※プレハブは対象外

 

 

 

募集枠

 

 今年度募集枠 25戸

 

 

 

申込方法

 

 次の書類を役場建設課へ提出

 

 

 ☆耐震診断のみ又は耐震診断+耐震補強計画の申込みの場合

 

  ・木造住宅耐震診断等申込書(様式第1号) → 様式第1号 木造住宅耐震診断等申込書[DOCX:24.2KB]

 

  ・住宅概要書(様式第2号別添) → 様式第2号別添 住宅概要書[DOCX:22.9KB]

 

  ・住宅の付近見取り図(住宅地図等)

 

  ・居住者の同意書(貸家の場合のみ)

 

  ・その他町長が必要と認める書類

 

 

 ☆各耐震事業とのセットでの申込みの場合

 

  ・補助金交付申請書(様式第2号) → 様式第2号 補助金交付申請書[DOCX:25.9KB]

 

  ・住宅概要書(様式第2号別添) → 様式第2号別添 住宅概要書[DOCX:22.9KB]

 

  ・住宅の付近見取り図(住宅地図等)

 

  ・居住者の同意書(貸家の場合のみ)

 

 

 

申込〆切

 

 令和2年11月30日(月)

 

 

 

 

 

耐震補強計画(無料)

 

 

 耐震診断の結果を元に、耐震改修工事の参考となる補強計画と工事の概算費用を提示します。

 

 費用は無料です。

 

 

 

対象となる住宅

 

 ・耐震診断で、評点1.0未満と判定された住宅

 

  ※耐震診断を受けた時期が平成25年度以前の場合は、再度耐震診断を受けていただく必要があります。

 

  ※耐震シェルター設置住替え(除却)を予定している方は申し込みできません。

 

 

 

募集枠

 

 今年度募集枠 10戸

 

 

 

申込方法

 

 次の書類を役場建設課へ提出

 

 

 ☆耐震補強計画のみ又は耐震診断+耐震補強計画の申込みの場合

 

  ・木造住宅耐震診断等申込書 → 様式第1号 木造住宅耐震診断等申込書[DOCX:24.2KB] 

 

  ・住宅概要書 → 様式第2号別添 住宅概要書[DOCX:22.9KB]

 

  ・住宅の付近見取り図(住宅地図等)

 

  ・居住者の同意書(貸家の場合のみ)

 

  ・木造住宅耐震診断報告書の写し(耐震補強計画のみ申込みの場合)

 

  ・その他町長が必要と認める書類

 

 

 ☆各耐震事業とのセットでの申込みの場合

 

  ・補助金交付申請書(様式第2号) → 様式第2号 補助金交付申請書[DOCX:25.9KB]

 

  ・住宅概要書(様式第2号別添) → 様式第2号別添 住宅概要書[DOCX:22.9KB]

 

  ・住宅の付近見取り図(住宅地図等)

 

  ・居住者の同意書(貸家の場合のみ) 

 

 

 

申込〆切

 

 令和2年11月30日(月)

 

 

 

 

 

耐震改修支援事業 今年度から補助額UP!!

 

 

 本格的な耐震補強工事にかかる費用の一部を補助します。

 

 また、住まいのスマート化支援事業と併せてご利用いただけます。

 

 

 

対象となる住宅

 

 ・耐震診断で、評点1.0未満と判定された住宅

 

 

 

補助要件

 

【必須事項】

 

 ・改修後の評点を1.0以上とする工事を行うこと

 

 ・高さ1.5メートル以上の家具をすべて固定すること

 

 ・徳島県に登録の施行者等が施工すること

 

 ・のぼり旗設置や見学会への協力を行うこと

 

 ・分電盤タイプの感震ブレーカーを設置すること

 

【補助対象にできる工事】

 

 ・部分的な欠陥を改修する工事

 

 ・危険なコンクリートブロック塀の撤去等

 

 

 

補助金額

 

 耐震改修工事に要する経費の4/5以内で最高130万円。

 

 さらに感震ブレーカー設置で、実費を超えない範囲で上限10万円を上乗せ。

 

 合計で最高140万円となります。

 

 

 

募集枠

 

 今年度募集枠 6戸

 

 

 

申込方法

 

 次の書類を役場建設課へ提出

 

 ・補助金交付申請書(様式第2号) → 様式第2号 補助金交付申請書[DOCX:25.9KB]

 

 ・住宅概要書(様式第2号別添) → 様式第2号別添 住宅概要書[DOCX:22.9KB]

 

 ・住宅の付近見取り図(住宅地図等)

 

 ・居住者の同意書(貸家の場合のみ)

 

 

■申込〆切

 

 令和2年11月30日(月)

 

 

 

■耐震リフォームの減税制度

 

 一定の要件を満たす耐震改修工事を行った住宅に対し、所得税額の特別控除や固定資産税の

 

 減額措置が受けられます。

 

 

 【所得税の特別控除】

 

  ○住宅の要件

 

   ・自ら居住する住宅であること

 

   ・昭和56年5月31日以前に建築されたものであること(現行の耐震基準に適合しない

    ものであること)

 

  ○対象となる工事

 

   ・令和3年12月31日までに、現行の耐震基準に適合させるための耐震改修工事である

 

    こと(木造住宅の場合、上部構造評点が1.0以上で、地盤および基礎が安全となる工事)

 

  ○控除期間

 

   1年(改修工事を完了した日の属する年分)

 

  ○控除額

 

   次のいずれか少ない額×10%

 

   ・国土交通大臣が定める耐震改修の標準的な工事費用ー補助金等

 

   ・250万円(平成26年4月1日以降で、消費税率が8%または10%の場合)

 

  ○手続き

 

   町が発行する住宅耐震改修証明書を添付し、税務署へ確定申告をしてください。

 

   住宅耐震改修証明書の発行を希望する方は、役場建設課へお申し出ください。

 

 

 

 【固定資産税の減額措置】

 

  ○住宅の要件

 

   ・昭和57年1月1日以前から存在する住宅であること

 

  ○対象となる工事

 

   ・令和4年3月31日までに、現行の耐震基準に適合させるための耐震改修工事である

 

    こと(木造住宅の場合、上部構造評点が1.0以上で、地盤および基礎が安全となる工事)

 

   ・耐震改修工事費用が50万円超であること

 

  ○減額期間

 

   1年度分(改修工事完了した年の翌年度分)

 

  ○軽減額

 

   家屋の固定資産税額(120平方メートル相当分まで)を1/2に減額

 

  ○手続き

 

   町が発行する住宅耐震改修証明書を添付し、工事完了日から3か月以内に、役場税務課

 

   へ減額措置申告をしてください。

 

   住宅耐震改修証明書の発行を希望する方は、役場建設課へお申し出ください。

 

 

   ★減税制度について詳しくはこちら → 一般社団法人住宅リフォーム推進協議会(外部サイトへ)

 

 

 

 

 

耐震シェルター設置支援事業 今年度から補助額UP!!

 

 

 室内に設置する耐震シェルターまたは耐震ベッドにかかる費用の一部を補助します。

 

 また、住まいのスマート化支援事業と併せてご利用いただけます。

 

 

 

対象となる住宅

 

 ・耐震診断で、評点1.0未満と判定された住宅

 

 ・現在も居住している住宅

 

 

 

補助要件

 

 ・徳島県が認定する耐震シェルターまたは耐震ベッドを設置すること

 

 ・高さ1.5メートル以上の家具をすべて固定すること

 

 ・徳島県に登録の施行者等が施工すること

 

 ・啓発モニターとして協力すること

 

 

 

補助金額

 

 耐震シェルター設置工事に要する経費の4/5以内で最高110万円(耐震ベッドは55万円)

 

 

 

 

■募集枠

 

 今年度募集枠 2戸

 

 

 

申込方法

 

 次の書類を役場建設課へ提出

 

 ・補助金交付申請書(様式第2号) → 様式第2号 補助金交付申請書[DOCX:25.9KB]

 

 ・住宅概要書(様式第2号別添) → 様式第2号別添 住宅概要書[DOCX:22.9KB]

 

 ・住宅の付近見取り図(住宅地図等)

 

 ・居住者の同意書(貸家の場合のみ)

 

 

 

 

申込〆切

 

 令和2年11月30日(月)

 

 

 

 

 

住まいのスマート化支援事業 今年度からの新規事業!!

 

 

 耐震化と併せて行うスマート化工事に係る費用の一部を補助します。

 

 ※住まいのスマート化支援事業のみの申請はできません。必ず、耐震改修支援事業または

 

  耐震シェルター設置支援事業とのセットでのみ申請可能です。

 

 

 

対象となる住宅

 

 ・耐震診断で、評点1.0未満と判定された住宅

 

 

補助要件

 

【必須事項】

 

 ・耐震改修支援事業または耐震シェルター設置支援事業と併せて行うこと

 

 ・スマート化工事(ICTやAIを活用した設備を設置する工事)を何か1つ行うこと

 

   <スマート化工事の例>

 

     ・見守り機能付きトイレの設置

 

     ・見守りセンサーの設置

 

     ・スマートロックの設置

 

     ・遠隔確認機能付き宅配ボックスの設置

 

     ・地震計の設置       等

 

       詳しくはこちら → スマート化工事(例)[PDF:42.6KB]   

     

 

【補助対象にできる工事】

 

 ・バリアフリー化工事

 

 ・省エネ化工事

 

 ・その他リフォーム工事

 

 

補助金額

 

 耐震改修等工事に要する経費の2/3以内で最高30万円

 

 町内業者が施工する場合は、さらに20万円上乗せ!

 

 

 例えば・・・

 

  耐震改修工事と併せて実施で最高170万円(町内業者施工の場合、最高190万円!)、

 

  耐震シェルター設置工事と併せて最高140万円(町内業者施工の場合、最高160万円!)

 

  の補助金が受け取れます!

 

 

募集枠

 

 今年度募集枠 8戸(耐震改修と併用分6戸+耐震シェルターと併用分2戸)

 

 

申込方法

 

 耐震改修支援事業または耐震シェルター設置支援事業の申請の際に提出する補助金交付申請書の

 

 「スマート化支援事業」の項目にチェックを入れる

 

 

申込〆切

 

 令和2年11月30日(月)

 

 

 

 

 

住替え(除却)支援事業

 

 

 住替えや建替えに伴い、古い住宅を除却する工事にかかる費用の一部を補助します。

 

 

 

対象となる住宅

 

 ・耐震診断で、評点0.7未満と判断された住宅

 

 ・昭和56年5月31日以前に着工された住宅

 

 ・現在も居住している住宅

 

 

 

補助要件

 

【必須事項】

 

 ・住宅のすべてを除却すること

 

 ・県内に本店又は支店のある建設業者又は解体業者が施工すること

 

【補助対象にできる工事】

 

 ・危険なコンクリートブロック塀の撤去等

 

 

 

補助金額

 

 除却工事に要する経費の2/5以内で最高30万円

 

 

 

募集枠

 

 今年度募集枠 5戸

 

 

 

申込方法

 

 次の書類を役場建設課へ提出

 

 ・補助金交付申請書(様式第2号) → 様式第2号 補助金交付申請書[DOCX:25.9KB]

 

 ・住宅概要書(様式第2号別添) → 様式第2号別添 住宅概要書[DOCX:22.9KB]

 

 ・住宅の付近見取り図(住宅地図等)

 

 ・居住者の同意書(貸家の場合のみ)

 

 

 

申込〆切

 

 令和2年11月30日(月)

 

 

 

■家屋滅失届の提出について

 

 住宅の除却が完了したら、役場税務課へ家屋滅失届を提出してください。

 

 詳細&様式はこちらをご覧ください → 家屋の滅失届について 取り壊しを行った方はご連絡を!

 

 また、住宅除却後に住宅用地の固定資産税軽減の特例が適用されなくなる場合がありますので、

 

 あらかじめご承知おきください。

 

 家屋滅失届及び固定資産税のお問合せ先 → 役場税務課(電話:0885-42-1503)

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

要綱・様式

 

勝浦町木造住宅耐震化促進事業要綱R2.4.1~[PDF:196KB]

 

様式第1号 木造住宅耐震診断等申込書[DOCX:24.2KB]

 

様式第2号 補助金交付申請書[DOCX:25.9KB]

 

様式第2号別添 住宅概要書[DOCX:22.9KB]

 

様式第3号 事業計画書(改修、シェルター)[DOCX:27.9KB]

 

様式第4号 事業計画書(住替え)[DOCX:24.6KB]

 

様式第5号 補助金交付変更申請書[DOCX:21.8KB]

 

様式第6号 補助事業中止(廃止)申請書[DOCX:22KB]

 

様式第8号 完了実績報告書[DOCX:21.9KB]

 

様式第9号 補助金精算書[DOCX:24.1KB]

 

様式第10号 補助金請求書[DOCX:23.1KB]

 

様式第11号 補助金受領委任払請求書[DOCX:23.5KB]

 

様式第12号 消費税等仕入控除税額報告書[DOCX:22.3KB]

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

各事業お申込み・お問合せ先

 

 

〒771-4395

 

徳島県勝浦郡勝浦町大字久国字久保田3

 

勝浦町役場 建設課

 

電話:0885-42-1506  FAX:0885-42-3028

 

 

 

 


 

 

 

参考・リンク

 

 

徳島県まったなし住まいの耐震化(木造住宅の耐震化)(徳島県サイトへ)

 

・住まいの耐震化パンフレット(令和2年度版) → 住まいの耐震化パンフレット(令和2年度版)[PDF:642KB]

 

・木造住宅耐震改修事例集 → 木造住宅耐震改修事例集[PDF:3.84MB]

 

・木造住宅耐震リフォーム事例集 → 耐震リフォーム事例集(1~16)[PDF:4.13MB]

 

・徳島県で認定している耐震シェルター(2社) → (株)とくしま防災ネットフレッセ(外部サイトへ)

 

・減税制度について詳しくはこちら → 一般社団法人住宅リフォーム推進協議会(外部サイトへ)

 

・評点とは?

 

 木造住宅の耐震性能を表す指標=上部構造評点のことで、大地震の揺れに対して倒壊するかしないかは

 

 次のように判定します。

 

  

上部構造評点 判 定
1.5以上 倒壊しない
1.0以上1.5未満 一応倒壊しない
0.7以上1.0未満 倒壊する可能性がある
0.7未満 倒壊する可能性が高い

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ワード

お問い合わせ

所属 建設課
TEL:0885-42-1506

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード