【募集】【RE:KATSUURA1.0】新しい勝浦モデルについて語り合う「フューチャーセッション」への参加者を募集しています。

公開日 2021年08月23日

勝浦町では、次世代に向けた新しい勝浦モデルについて語り合い、勝浦町の課題や魅力について考える機会として次のとおり参加者を募集します。
なお、本事業は徳島県令和3年度地域イノベーション集積拠点創出事業補助金の採択を受けて実施するものです。

(1)趣旨

社会を取り巻く環境が大きく変化するなか、勝浦町の次世代を担う大学生や高校生、30歳以下の方などの若い世代に対し「起業」をテーマとした地域の魅力や課題の再発見の機会づくりを通じて、起業家としての創造力、思考力、考察力を持った人材の育成を促進するとともに、将来起業を目指す若者のコミュニティ形成や勝浦町の地域経済発展等を図るローカルビジネスモデルの構築を目的としています。

(2)【RE:KATSUURA1.0】新しい勝浦モデルについて語り合う「フューチャーセッション」

日時:令和3年9月4日(土) 13:00~17:00

場所:勝浦町地域活性化センター レヴィタかつうら
  (勝浦町大字生名字太田44)

参加対象者:勝浦町民、おおむね30歳以下の近隣市町村の方、徳島県内の中高大学生

参加費:無料

申込方法:Googleフォーム、電子メール又は電話にてお申込みください。

・Googleフォーム:勝浦の未来を語るフューチャーセッション (google.com)

・E-mail:kouryu★town.katsuura.i-tokushima.jp
 (★を@に変えてください。)

・電話番号:勝浦町企画交流課 0885-42-2552

(3)プログラム(本事業)の進め方について

・第1回 フューチャーセッション

世代・性別等問わず参加していただき、「未来の勝浦町」について参加者同士で対話していただく時間となります。

※フューチャーセッションとは・・・未来の新しい仲間を招き入れ、創造的な対話を通じて、未来に向けての新しい関係性と新たなアイデアを生み出し、新しく集まった仲間同士が「協力して行動できる」状況を生み出すための場。今回のテーマは「勝浦町の新しいモデルを考える」。勝浦に現在ある魅力以外に勝浦町から発信できるものは何か?様々な立場で対話し、数年後の勝浦ならではの尖ったモデルを考え、それに向けて実践しましょう。

・第2回~第6回 起業への実践編(講義)

 原則、第1回目のフューチャーセッション参加者で「勝浦モデル」の創出や将来勝浦町を中心として起業を考えている30歳以下の若者。
 会場は、2020年8月にオープンしたかんきつテラス徳島内「かつうらオフィス」を予定。

 【プログラムの詳細】

第2回  課題解決と市場、競合、ビジネスモデルについて、起業関連法規の講義(グループワークあり)など

第3回  ニーズ分析、プロダクト決定・開発、原価計画など

第4回 SDGs起業についてのセミナー

講師:SDGsに関しての第一人者でもある、益田 文和 氏を招へい予定。

第5回 プロダクトのプロトタイピングなど

第6回 マーケティングと広報戦略、事業系計画書の作り方など

・統括フューチャーセッション

参加者で統括フューチャーセッションを行います。
(フューチャーセッションの様子は、オンライン配信予定)

(4)定員

1.フューチャーセッション:定員40名
 (LIVE配信検討中)

2.スタートアッププログラム(2回目以降):定員24名

3.SDGsセミナー:定員40名

(5)参加費 無料

(6)その他

・本内容は、8月時点となります。進行状況、新型コロナウイルス感染症拡大状況等により内容に変更が生じる場合があります。
第2回以降の詳細については、都度ホームページに掲載するとともに参加者へご連絡いたします。

・中学生が参加する場合は、保護者の同意又は同伴をお願いする場合があります。

9.4勝浦町ヒューチャーセッションチラシ

 





 

お問い合わせ

所属 企画交流課
TEL:0885-42-2552

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード