死んでいる野鳥を見つけたら

公開日 2021年11月25日

死亡野鳥を見つけた方へのお願い
 

1)元来、野鳥は様々な細菌や寄生虫、病気等を持っているほか、栄養失調や事故などにより死亡することがあります。すぐに鳥インフルエンザを疑う必要はありませんが、野鳥を素手で触らないでください
 

2)鳥インフルエンザウイルスは、感染した鳥との濃密な接触等の特殊な場合を除いて、通常では人に感染しないと考えられています。日常生活においては過度に心配する必要はありません。
 

3)マガモなどのカモ類やハヤブサなどの猛禽類が死んでいた場合、ハトやカラスが複数死んでいた場合などには、最寄りの市町村または各総合県民局等まで連絡してください
 

4)死んでいる野鳥を処分する場合は、素手で触らず手袋を付けて回収し、ビニール袋等に入れた上で、封をして廃棄してください。

 参考   徳島県ホームページ  https://www.pref.tokushima.lg.jp/ippannokata/kurashi/shizen/5041908/

お問い合わせ

所属 農業振興課
TEL:0885-42-1505