マダニによる「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)の感染予防について

公開日 2022年05月26日

徳島県内において、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)患者が確認されました。

SFTSウイルスを保有するマダニに刺咬されることで感染するとされており、発症すると重症化することもあるため注意が必要です。

春から秋の季節にマダニ咬まれることが多いですので、次の資料をお読みいただき予防対策にお取り組みください。

マダニSFTS資料[PDF:984KB]

徳島県ホームページ記事もご覧ください。

マダニによる「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」の感染予防について|徳島県ホームページ (tokushima.lg.jp)

お問い合わせ

所属 農業振興課
TEL:0885-42-1505

PDFの閲覧にはAdobe社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード