国民保護計画とは

公開日 2007年11月26日

我が国を取り巻く安全保障環境については、冷戦終結後10年以上が経過し、我が国に対する本格的な侵略事態生起の可能性は低下して いるものの、大量破壊兵器や弾道ミサイルの拡散、国際テロ組織等の活動を含む新たな脅威や平和と安全に影響を与える多様な事態への対応が差し迫った課題と なっています。

こうした状況も踏まえ、我が国に対する外部からの武力攻撃に際し、我が国の平和と独立を守り、国及び国民の安全を保つた めに必要な法制を整備することは国としての当然の責務であるとの観点から、平成15年6月に、武力攻撃事態等における我が国の平和と独立並びに国及び国民 の安全の確保に関する法律(武力攻撃事態対処法)が成立しました。さらにこの法律を受けて、翌16年6月には、武力攻撃事態等における国民の保護のための 措置に関する法律(国民保護法)が成立し、武力攻撃事態対処法と相まって、国全体として万全の態勢を整備し、国民の保護のための措置を的確かつ迅速に実施 するための基本的な法制が整備されました。

詳しい内容については、国民保護ポータルサイトをご覧下さい。

「勝浦町の国民保護計画」については下記のPDFファイルをご覧下さい。

 

■関連リンク

 

■関連ファイルのダウンロード

勝浦町国民保護計画(969KBytes)

関連ワード

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード