沿革、位置、主な山岳と河川

公開日 2013年07月29日

収穫を終えた田
収穫を終えた田

 

■沿革

 

勝浦町の発祥についての歴史は明らかではないが、大化の改新時代の旧横瀬町は、黄檗・坂本・与 川内・横瀬・中山・棚野・久国の七か村、旧生比奈村は森・鶴敷地・星谷・中角・沼江の五か村で天正13年以来蜂須賀家の所領であった。明治4年には中山・ 横瀬・与川内を合わせて三溪村に、坂本・黄檗を合併して坂本村となり、明治22年町村制が実施され、棚野村、生比奈村の誕生となった。

大正15年に棚野村は横瀬町となり、昭和30年3月1日町村合併促進法の適用を受け、横瀬町と生比奈村が合併し、勝浦町が誕生した。

 

■位置

 

徳島県の南東部に位置し、面積69.80平方キロメートル、緑なす四方の山々、山裾に開けたみかん畑、平野に広がる田園風景、そして、まちの中央を流れる清流勝浦川が、我が郷土勝浦の自然の豊かさを表現している。

 

東経:134度31分~134度19分

北緯:33度51分~34度34分

標高:最低20m~最高972m

面積:69.80平方キロメートル

 

■主な山岳と河川

 

名 称 標 高
ろくろ山 972.0m
樫ケ太尾 818.0m
長者ケ原 775.8m
中津峰山 773.0m
鶴    山 515.9m

 

名  称 行政区域内の流域 最大幅員
勝浦川 13.0km 160m
坂本川 6.5km 20m

関連ワード

お問い合わせ

所属 企画総務課
TEL:0885-42-2511