水道管の凍結対策について

公開日 2018年01月22日

気温がマイナス4℃以下になると、水道管が凍ったり破裂したりしてしまいます。凍結はちょっとした心掛けで防ぐことができますので、水道管を凍結事故から守りましょう。


●水道管の凍結を防止するには?
蛇口や水道管などに、古毛布や市販の保温材を念入りに巻きつけましょう。特に、水道管がむき出しになっているところや風当たりの強いところの水道管は注意が必要です。

 

●水道管が破裂したときは?
メーターボックス内にある止栓を閉じ、指定給水装置工事事業者に修理をお申し込みください。

 

●水道管が凍って水がでないときは?
タオルなどをかぶせ、その上からゆっくりとぬるま湯をかけて溶かします。急に熱湯をかけると、水道管や蛇口が破裂することがありますので注意してください。

お問い合わせ

建設課
TEL:0885-42-1506