日本大学生物資源科学部食品ビジネス学科フィールドリサーチ等の受入れについて

公開日 2021年12月08日

平成23年から勝浦町では日本大学 生物資源科学部 食品ビジネス学科 農村資源開発論研究室ゼミ生の受入れを行っています。
これまで、勝浦町坂本地区を中心に新たな郷土料理の開発、援農、観光資源調査などの活動をしています。

 

令和2年度は新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、教授、学生等の県外活動の自粛が続いており実施することが出来ませんでしたが、
令和3年度からWeb会議システムを活用して大学とふれあいの里さかもとをオンラインでつなぎ、調査研究を開始しました。

第1回目は事前アンケートによるヒアリング調査、課題等の抽出、学生各自が考案した地域の特産品を使ったレシピを発表しました。
第2回目には、教授とゼミの大学院生が勝浦町坂本地区を訪問し、坂本地区の課題やふれあいの里さかもとについて調査研究を行いました。

 

※学生が考案したレシピを掲載しますので、ぜひ作ってみてくださいね。

 

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により学生のインターシップやフィールドワーク参加への制限がありますが、再開されることを心待ちにしております。


すだちを使ったレシピ[PDF:4.08MB]

お問い合わせ

所属 企画交流課
TEL:0885-42-2552

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード