新型コロナウイルスワクチン接種証明書の電子交付を開始しました

公開日 2021年12月20日

 

本日(12月20日)から、政府が公式に提供するアプリ及びマイナンバーカードを使用して、電子版接種証明書を取得することができます。

 

アプリは、App Store または Google Playで「新型コロナワクチン接種証明書」と検索して、インストールしてください。

 

https://www.digital.go.jp/policies/posts/vaccinecert

 

アイコン(デジタル庁資料)→アイコン・名称[PDF:99.3KB]

 

※日本国内における接種事実の証明としては、デジタル化後もすでにお持ちの予防接種済証や接種記録書等が、引き続き利用可能です。

 

 

◎接種証明書アプリでできること(デジタル庁ホームページより抜粋:デジタル庁→https://www.digital.go.jp/policies/posts/vaccinecert

 

発行

 

日本国内用と海外用の新型コロナワクチン接種証明書を取得できます。

 

提示

 

取得した接種証明書は、アプリを起動すればいつでも表示できます。

 

読取り

 

他のスマートフォン等で表示された接種証明書の二次元コードを読み取って、内容を確認することができます。

 

 

◎新型コロナワクチン接種証明書とは

 

新型コロナワクチン接種証明書は、日本の予防接種法に基づいて各市区町村で実施された新型コロナワクチン接種の事実を公的に証明するものです。

 

氏名、生年月日、接種記録(ワクチンの種類、接種年月日、ロット番号など)が記載されます。

 

それらに加えて、海外用では、パスポートの国籍や旅券番号が記載されます。

 

 

アプリで発行する接種証明書には、二次元コードが記載されます。

 

二次元コードは、氏名、生年月日、接種記録等の情報を含みます。

 

これを読み取ることで簡単に情報を確認することができます。

 

 

使い方、留意点

 

ご利用に必要なもの

 

  1. マイナンバーカード

  2. マイナンバーカードの券面入力補助用暗証番号(カード受取の際に設定した4桁の数字)

  3. パスポート(海外用を発行する方)

 

動作環境

  • マイナンバーカードが読み取れる(NFC Type B対応)端末

  • iOS 13.7以上

  • Android 8.0以上

 

留意点

接種証明書の二次元コードには個人情報が含まれます

接種証明書の二次元コードには、氏名、生年月日、接種記録等の情報を含みます。

取扱いには十分ご注意ください。

※ワクチン接種記録システム(VRS)に接種記録データが登録されていない場合、利用できないことがあります。利用できない場合は、福祉課 窓口にて紙版の接種証明を申請することができます。

※お手元にある接種済証明書と電子版の証明書の内容が一致しない場合は、福祉課(0885-42-1502)にご連絡ください。

 

 

参考

よくある質問「接種証明書の二次元コードには、どのような情報が含まれますか。→ https://www.digital.go.jp/policies/vaccinecert/faq_06#q03

 

よくある質問

 

 

◎マイナンバーカード取得については、住民課(0885-42-1501)にお問い合わせください。

 

 

お問い合わせ

所属 福祉課
TEL:0885-42-1502

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード