議会・議員

議会の運営

議会

勝浦町議会は住民を代表する公選の10名の議員によって構成されています。各議員は、住民の意見をまちづくりに反映させるため、町の基本方針や予算、条例などの審議において最終的な政策の決定をする重要な役割を果たしてします。

議会は平成25年7月から「定例会」「臨時会」の区分を設けず「勝浦町議会の会期等を定める条例」を制定し、1年間走り続ける通年の会期制となりました。

住民の声を生かし、一人ひとりの豊かな暮らしの実現のため、町議会の役割はきわめて重要であります。

 

議長・副議長

議長・副議長は、議員の中から選挙により選ばれます。

 

常任委員会

常任委員会は、通年の会期制移行時に、総務産建常任委員会、文教厚生常任委員会が廃止されました。

議会広報の編集・発行を行う、議会広報常任委員会が設置されています。

常任委員会 定数 仕事の内容
議会広報常任委員会 5人 議会広報の作成・編集・発行などに関する事項

 

特別委員会

特別委員会は、特定の事件を審査する必要があるとき、議会の議決を得て設置されます。 現在特別委員会は、東部広域農道整備促進特別委員会、防災対策特別委員会、地方創生特別委員会、勝浦病院改築特別委員会の4つが設置されています。

 

議会運営委員会

議会の会期や議事日程などを協議する議会運営委員会が設置されています。