町長の動き

活動記録(逐次追加)

・第30回徳島県消防操法大会

 

H280724消防操法大会1.JPG

 

H280724消防操法大会3.JPG 

平成28年7月24日(日)、徳島県消防学校グラウンドにおいて、第30回徳島県消防操法大会が開催されました。

小型ポンプの部に、勝浦地方分会を代表して、第1分団(坂本地区)が出場し、消防団員等とともに応援に駆けつけました。

 

この大会は、消防団員の消防技術の向上と士気高揚を図り、消防活動の進歩充実に寄与することを目的とし、消防団員の日ごろの訓練成果として、消防操法技術(迅速、確実かつ安全に行動するために定められた消防用機械器具の取扱い及び操作の基本)を競うものです。

 

日頃の訓練で培った技術とチームワークを競うハイレベルな大会となりましたが、半年間にわたり練習を積んできた成果を遺憾なく発揮し、見事3位入賞を果たしました。

 

今後さらなる団員の士気の高揚と技術の向上に期待いたします。

 

 

・女性農業委員登用に関する要望活動

 

 H280708女性農業委員登用1.JPG 

平成28年7月8日(金)、女性農業委員登用に関する要望活動のため、徳島県女性農業委員協議会会長代理、 勝浦町農業委員会会長が来庁されました。

 

国は第四次男女共同参画基本計画において2020年までに、政策・方針決定過程に占める女性の割合30%に向けて、女性の登用ゼロからの脱却、複数名の女性の登用、具体的な目標の設定等の取り組みを行うことを求めるとともに、平成27年3月に閣議決定された「食料・農業・農村基本計画」においても、地域農業に関する方針等に女性農業者の声を反映させるため、女性農業者の農業委員等への登用を促進するとしています。

 

女性農業委員を登用することにより、細かいところへの配慮など女性目線で活動することができるとともに、女性の社会参画が広がっていく活力ある地域をつくることにつながると考えます。
女性農業者が農政に求めていることを反映するためにも、女性農業委員の積極的な登用を検討したいと思います。

 

 

婦人会ミニ運動会

 

H280702婦人会ミニ運動会.jpg

 

H280702婦人会ミニ運動会3.jpg

 

平成28年7月2日(土)、勝浦町民体育館において、勝浦町婦人会ミニ運動会が開催されました。

 

多くの方が参加され、ユーモアある競技内容に会場は大いに盛り上がっていました。

皆様と一緒に競技に参加させていただき、楽しい一時を過ごすことができました。

 

 

 

 

 

 

社会を明るくする運動

 

H280701社会を明るくする会1.JPG

平成28年7月1日(金)、社会を明るくする運動のため小松島地区保護司会の皆さんが来庁されました。

 

社会を明るくする運動”は、全ての国民が、犯罪や非行の防止と、あやまちを犯した人の立ち直りについて理解を深め、
それぞれの立場において力を合わせ、犯罪や非行のない安全で安心な地域社会を築こうとする全国的な運動です。

 

犯罪や非行のない社会をつくることは、全ての国民が活躍することのできる国づくりの礎です。そのためには、あやまちを犯した人が、二度と同じあやまちを繰り返すことなく立ち直ることができるよう、地域の中で、適切な「仕事」や「居場所」などの生活基盤を確保することが大切です。
 
社会を明るくする運動の社会的意義についてご理解をいただき、地域の皆様方のご支援、ご協力をお願いします。

 

 

・子ども議会

 

H280629子ども議会生小1.JPG

 

H280629子ども議会横小1.JPG

 

H280629子ども議会勝中1.JPG 

平成28年6月29日(水)、勝浦町で初めての開催となる子ども議会があり、生比奈小学校6年生、横瀬小学校6年生、勝浦中学校3年生の計82人が参加しました。

 

子ども議会は、選挙権年齢が18歳以上に引き下げられたことを受け、子どもたちに議会の仕組みや政治について学んでもらうために企画しました。

 

学校ごとに議会が開かれ、各校からそれぞれ2人が、町の活性化策などについて質問しました。

 

生比奈小学校、横瀬小学校の子ども議員からの一般質問では、勝浦町を賑やかな町にするために人を呼べるイベントを開催したり、パンフレットを作成することで勝浦町の魅力を発信すること、子どもが楽しく安全に遊べ、幅広い世代の交流の場ともなるように公園の整備を行うこと等の発言がありました。


勝浦中学校の子ども議員からは、勝浦町のまちづくり構想について、防犯や防災、福祉、教育に力を入れた勝浦町まちづくり条例を制定することや勝浦町の過疎化対策と経済の活性化に関する質問と提言がありました。

 

町政に対する一般質問では、子ども議員は堂々と登壇し、大人顔負けの質問を行い、それに対する答弁についてメモを取りながら熱心に耳を傾け、本会議さながらの議事進行となりました。

 

 

 

・緑のカーテン作り

 

H280620小松島西勝浦校1.JPG

 

H280620小松島西高勝浦校2.JPG 

平成28年6月20日(月)、緑のリサイクルモデルに取り組む小松島西高校勝浦校と新野高校の生徒の皆さんと一緒にパッションフルーツを使った緑のカーテン作りを行いました。

 

パッションフルーツは、高温や病気に強い南米原産の果樹であり、国内では沖縄県や鹿児島県などで果実が生産されています。

 

同校によると、パッションフルーツには、果実に血糖値の上昇を抑えるとされる成分が含まれており、糖尿病にも効果があるそうです。

 

生徒の皆さんと楽しく作業することができました。ありがとうございました。

 

 

・関東阿波かつうら会

 

H280611関東阿波かつうら会.jpg


平成28年6月11日(土)、東京の主婦会館プラザエフにおいて、関東阿波かつうら会第20回総会が開催され、藪下副町長、国清議長をはじめ議員の皆様とともに出席しました。

 

初代会長の福中様による記念講演や日舞(祝賀の舞)、三味線演奏、阿波踊り等のアトラクションが行われた懇親会などで大いに盛り上がりました。

 

会場のあちこちで、ふるさとの思い出や近況報告などの話に花が咲き、楽しい中にも交流が益々深まった一日となりました。

 

 

 

 

・平成28年度徳島県表彰受賞者来庁

 

H280606県表彰2.JPG

 

H280606県表彰4.JPG

 

 

平成28年6月1日(水)、徳島県婦人団体連合会副会長 秋成ふみよさんと勝浦町手をつなぐ育成会会長 貞岡八重子さんが、徳島県表彰(知事表彰)を受賞されました。

 

秋成さんは、多年にわたり徳島県婦人団体連合会の役員等として、青少年の健全育成と女性の地位向上に貢献された功績が認められ受賞となりました。

 

貞岡さんは、多年にわたり勝浦町手をつなぐ育成会会長として、障がい福祉の向上に貢献された功績が認められ受賞となりました。

 

今回の受賞を心からお喜び申し上げます。

 

 

・与川内ホタル祭り

 

H280603与川内ホタル祭り1.JPG

 

H280603与川内ホタル祭り4.JPG

 

 

平成28年6月3日(金)、与川内ホタル祭りに参加しました。

 

今年も県内外から多くの方が来訪されていました。

 

ホタルが住める環境づくりに、ご尽力いただいております関係者の皆様方に、敬意と感謝を申し上げます。

 

イベントに関わられた皆様、大変お疲れ様でした。

 

来年も楽しみにしております。


 

 

 

・消防操法練習 激励

 

H280603操法1.JPG

平成28年6月2日(木)、星谷運動公園で行われています、消防操法の練習へ激励に訪れました。


これは、7月24日(日)に行われる”徳島県消防操法競技大会 小型ポンプの部”に、勝浦地方分会を代表して、第1分団(坂本地区)が出場するために行われているものです。


今までの練習の成果を、遺憾なく発揮されることを期待しております。

 

 

・2016年国民平和大行進

 

H280602国民平和大行進2.JPG

 

H280602国民平和大行進1.JPG

平成28年6月2日(木)、2016年国民平和大行進徳島県コースの実行委員会の皆さんが被爆者が核兵器を禁止し廃絶する条約を結ぶことをすべての国に求める国際署名などの協力の要請のため来庁されました。

 

今年は広島と長崎に原爆が投下されて71年目を迎えます。
平均年齢が80歳を超えた被爆者の「生きているうちに核兵器廃絶を」の声を受けとめ、「核兵器のない世界」を実現するために力を尽くさなければなりません。

 

核兵器のない世界のための皆様の努力に敬意を表すると共に、何卒、この活動が実を結ぶことを心より祈念いたします。

 

 

・近畿かつうらふるさと会

 

H280521近畿かつうらふるさと会1.jpg


平成28年5月21日(土)ホテルアウィーナ大阪において、近畿かつうらふるさと会 第23回総会が開催されました。

 

会員43名、来賓3名、勝浦町より44名の計90名が参加した懇親会では、歓談の輪が広がり、やっこ連による阿波踊りも行われ、大いに盛り上がり、楽しいひと時を過ごすことができました。

 

 

・部落解放徳島地方共闘会議役員来庁

 

H280520部落解放徳島地方共闘会議.JPG

 

平成28年5月20日(金)、事前登録型本人通知制度導入と「全国部落調査部落地名総鑑原典復刻版」発行販売に関する要請のため、部落解放徳島地方共闘会議の役員の方々が来庁されました。

 

 

世界人権宣言では「すべての人間は生まれながらにして自由・平等で平和に生きる権利がある」ことを明記しています。
この精神を活かし、私たち一人ひとりの努力で、あらゆる差別を撤廃しなければなりません。
今後も部落差別の完全撤廃と人権確立社会の実現に向けての取り組んでいきたいと思います。

 

 

 

 

・敬老会

 

H280515敬老会2.jpg

 

H280515敬老会.jpg

 

 

 

 

平成28年4月10日(日)から5月15日(日)にかけて、勝浦町各地区で敬老会が開催されました。

 

笑顔と元気な声に包まれ、楽しい時間を過ごすことができました。

 

町として、これからも皆さんが、生き生きと明るく生活できるよう「健康長寿のまちづくり」にしっかり取り組んでまいります。


また来年、元気にお会いしましょう。

 

 

 

 

 

 

・JA東とくしま 植栽の集い

 

 H280514植栽の集い1.jpg

 

H280514植栽の集い2.jpg

 

 

平成28年5月14日(土)、JA東とくしま主催の「植栽の集い」に参加しました。

 

徳島森林づくり推進機構が管理する山の斜面約0.5ヘクタールで1メートルほどの高さに育ったクヌギやイタヤカエデ、ヤマザクラなど6種類の苗木を1時間かけて植えていきました。植樹は、県の「とくしま協働の森づくり事業」の一環として行いました。

 

 

 

横瀬小学校3年生 町探検のため来庁

 

H280513横瀬小町探検1.JPG

 

H280513横瀬小町探検2.JPG

 

 

平成28年5月13日(金)、横瀬小学校3年生の児童13名が社会科の町探検のため来庁されました。

町長室や議場など役場の各所を見学していただきました。

 

地域の施設を回り、利用の仕方等を学んでいるそうです。

 

またの来庁をお待ちしています。

 

 

 

 

 

・単身高齢者 春の激励会

 

H280428春の激励会.JPG

平成28年4月28日(木)、住民福祉センターにおいて春の激励会が開催されました。

 

この会は、勝浦町内に住む、ひとり暮らしの高齢者の方々に、外出の機会を持っていただき、孤独感の解消や仲間づくりを目的に毎年行われています。

 

これからも皆さんが、毎日を明るく楽しく健康に暮らしていける町を目指します。

 

 

・鶴林寺公衆便所改築工事完了

 

H280502鶴林寺.JPG

平成28年4月28日(木)、鶴林寺の徒歩参詣道終点付近にある公衆便所の改築工事が完了し、使用できるようになりました。

 

四国八十八ヶ所霊場の第二十番札所鶴林寺は年間1万人を超える観光客が訪れる勝浦町を代表する観光施設です。また、平成22年には徒歩参詣道が四国で初めて国指定の史跡として認定されました。

 

 

 

 

 

・キンキサイン株式会社 徳島工場 視察

 

H28.4.28副知事1.JPG

平成28年4月28日(木)、熊谷幸三徳島県副知事が、「キンキサイン株式会社徳島工場」を視察されました。


「キンキサイン株式会社」は、勝浦町の「徳島工場」に製品開発や管理業務などの本社機能の一部を移転し、徳島における機能拡充を図るとともに、新商品開発のための設備を増設し、新たに地元雇用も予定されています。

 

 

・戦没者慰霊祭

 

H280415戦没者慰霊祭.JPG

平成28年4月15日(金)、戦没者慰霊祭が執り行われました。
この式典は、勝浦町出身の戦没者の方々に対し、ご遺族関係者とともに心からの哀悼の誠を捧げ、御霊を慰霊させていただくため、毎年4月に開催されています。


厳かな雰囲気のなか、いま一度、戦争の悲惨さと、幾多の尊い犠牲があったことを見つめ直し、再び惨禍を繰り返すことのないよう恒久平和の実現に努めていくことを誓いました。

 

 

 

・春の交通安全キャンペーン

 

H280413春の交通安全キャンペーン.JPG

平成28年4月13日(火)、道の駅前において、こすもす保育園の園児が、勝浦町交通安全協会とともに安全運転を呼び掛けるキャンペーンが行われました。
 
このキャンペーンは、「春の全国交通安全運動」の一環として行われ、園児の元気な呼び掛けに、ドライバーの方も笑顔で応えていました。

 

 

 

・入学式

 

H280411勝浦中学校入学式.JPG 

 

平成28年4月11日(月)、生比奈小学校、横瀬小学校、勝浦中学校の入学式が行われました。
 生比奈小学校19名、横瀬小学校13名、勝浦中学校41名の新入生が入学しました。


 新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます。新しい環境での学校生活を一生懸命過ごしてください。
 楽しく元気に学校生活を送れるようにお祈りしております。

 

 

・全国勝浦ひな祭りサミット

 

H280326全国ひな祭りサミット.JPG 

平成28年3月26日(土)~27(日)、農村環境改善センターにおいて、全国ひなまつりサミット in 阿波勝浦が開催されました。

 

サミットの開催は全国初で、町などが町制60周年記念行事の一環として企画しました。県外の団体と交流を深めるとともに、町の名物イベント「ビッグひな祭り」を全国にアピールしました。

 

ご協力くださいました関係団体及び関係各位の皆様方に厚くお礼申し上げます。

 

 

 

 

・貯蔵みかんの配布・販売イベント

 

H280221貯蔵みかんの配布・販売イベント.JPG 

平成28年2月21(日)、貯蔵みかんの配布・販売イベントを開催しました。


このイベントは、勝浦貯蔵みかんの出荷が始まった時期に、知名度向上と消費拡大を図ることを目的に、徳島県果樹研究連合会と勝浦みかん生産販売促進協議会が主催し実施したもので、ちょぞっ娘とともに徳島県地方創生局朝日局長と中田勝浦町長も会場入り口でPRに一役買っていただきました。
 
ビッグひな祭りのオープニングで賑わうなか、大変好評いただき大盛況のうちに終了となりました。 


今後も勝浦みかんの知名度向上をめざしPR活動を行っていきます。

 

 

・勝浦みかん活性化シンポジウム

 

H280205みかん活性化シンポジウム.JPG

平成28年2月5日(金)、勝浦みかん活性化シンポジウムが開催されました。

 

勝浦町では、まちづくりの指針である勝浦町総合計画に基づき、基幹産業である農業を中心とした産業振興を最重要課題のひとつとして位置づけ、「農業・交流・定住のまち」としての魅力づくりに取り組んでいるところです。
勝浦みかんの栽培支援については、勝浦みかん生産販売促進協議会を軸に、安定生産や高品質化対策、販売促進とマーケティング対策、あるいは6次産業化への取り組みなどの振興策を進め、農家の所得向上、経営安定への効果が顕著に見られるような施策の充実を図りたいと考えています。

 

本シンポジウムを契機として、勝浦農業が次世代に継承され、勝浦貯蔵みかん産地の活性化の実現に向け、発展と躍進につながることを心からご祈念申し上げます。

 

 

・消防出初式

 

 H280110消防出初式1.JPG

 

H280110消防出初式2.JPG

平成28年1月10日(日)、消防出初式が勇壮かつ厳粛に開催され、永きにわたり消防活動に貢献された方々が表彰されました。

 

式典終了後、星谷橋上流河川敷において10分団一斉の放水訓練が行われました。
消防の使命である町民の生命と財産を災害から守り、安心して暮らせる消防活動をお願いします。

 

 

・成人式

 

 H280102seizinsiki.JPG

新年あけましておめでとうございます。
謹んで新春のお慶びを申し上げます


平成27年1月2日(土)、勝浦町農村環境改善センターにおいて、勝浦町成人式が開催され、男性21名、女性22名計43名の新成人が参加しました。

 

式典では中田町長から「ゆるぎない信念と決意で、これからの人生を歩んでいってください。」と新成人へのエールが送られました。
また、新成人を代表し、松浦匠真さんが「自分を見失わず、若者らしく一日一日を大切にしながら社会に貢献できるよう努力して参ります」と新成人としての誓いの言葉を述べられました。

 

 

 

・勝浦みかん保育園の園児からの鏡餅の贈呈

 

 H271222勝浦みかん保育園鏡餅贈呈.JPG

 

平成27年12月22日(火)、勝浦みかん保育園のキリン組の園児さんが鏡餅を贈呈してくれました。


12月19日(土)に勝浦みかん保育園で餅つき大会があり、その時に作った鏡餅だそうです。

園児のみなさん、ありがとうございました。

 

 

・歳末助け合い運動に伴う施設訪問の出発式

 

H271222歳末助け合い運動出発式.JPG 

 

平成27年12月22日(火)、歳末助け合い運動に伴う施設訪問の出発式を行いました。


「地域歳末たすけあい運動」は、共同募金運動の一環として地域住民やボランティア、民生委員、社会福祉協議会等の協力のもと、新たな年を迎える時期に、支援を必要とする人たちが地域で安心して暮らすことができるよう、住民の参加や理解を得てさまざまな福祉活動を重点的に展開するものです。


平成27年度は「つながり ささえあう みんなの地域づくり」をスローガンとしています。
町内の一人暮らしのお年寄り等の各家には12月末までに民生委員さんが訪問してくれることになっています。

 

 

・保育園クリスマス会

 

H271222保育園クリスマス会01.JPG

 

H271222保育園クリスマス会.JPG

平成27年12月21日(月)、勝浦こすもす保育園、勝浦みかん保育園の順番で町長サンタが訪問しました。


園児さんと歌や踊りを踊ったり,サンタさんが園児さんからの質問に答えたりして楽しみました。
そして最後に、サンタさんから園児さん全員にプレゼントを渡すとみんな大喜びでした。

 

・かつうら元気市

 

H271115軽トラ市1.JPG

 

H271115軽トラ市2.JPG

平成27年11月15日(日)、勝浦町制60周年記念行事として「かつうら元気市2015軽トラ市7&夜市花火」を勝浦町共催で実施しました。

 

イベントの規模、内容は過去最大となっており、出店ブースは約60ブースでフィナーレには約600発の花火が秋の夜空に打ち上がりました。他にも、ゆるキャラ、バルーンアート師、キャンパスボーイ、セカンドストーリーなどが来場し、会場は盛り上がりました。

 

軽トラ市は、ユニークで気軽に出店できることから全国的に広がりを見せています。
県外、県内の地域の方々と交流でき、人・町・物を繋いでいく良い機会となりました。

・第14回全国勝浦ネットワーク会議

 

 H271112全国勝浦ネットワーク3.JPG

平成27年11月12日(木)、ふれあいの里さかもとにおいて、第14回全国勝浦ネットワーク会議が開催されました。


本ネットワークは、「千葉県勝浦市」「和歌山県那智勝浦町」「徳島県勝浦町」との間に、教育文化、産業、人的交流等について相互の交流の実現を図ることを目的に、平成13年に第1回の会議を開催しました。
これまでの間、「友好都市盟約書」の締結、「災害時相互応援協定書」の締結を行い、3市町でのひな祭りの開催や各イベントでの特産品の販売等、青少年・文化・産業分野での交流が行われてきました。

 

平成26年度は勝浦市で開催された「かつうら魅力市」、那智勝浦町で開催された「ご当地うまいもんフェスタ」に参加し、本町で開催された「かつうら元気市 Presents 軽トラ市」に勝浦市と那智勝浦町がそれぞれ参加しました。平成27年度も文化、産業分野において各イベントの参加により交流が行われています。


今回の会議では、今後の交流について話し合われ、引き続き相互交流を行うとともに、ふるさと納税のお礼の品の連携について検討していくことが確認されました。

 

・町民体育大会

 

 町民体育大会1.jpg

 

町民体育大会2.jpg

平成27年11月3日(火)、勝浦町制60周年記念行事として町民体育大会が9年ぶりに開催されました。

 

絶好のスポーツ日和となった秋晴れの下、勝浦中学校グラウンドで盛大に開催し、町民約1,000人が様々な競技に参加し、楽しい汗を流しました。また、開会式では、スポーツ及び学術・文化で活躍された方々に勝浦町長・勝浦町教育委員会から表彰状・記念品が授与されました。

 

ご協力くださいました関係団体および関係各位の皆様方に、厚くお礼申し上げます。

 

・第25回健康・福祉まつり

 

H271017健康・福祉まつり.JPG 

平成27年10月17日(土)、農村環境改善センターにおいて、第25回健康・福祉まつりが爽やかな秋晴れのもと盛大に開催されました。この催しは、町民の方々の健康増進と福祉への理解を深めることを目的として毎年開催しています。


今年のテーマは「生きがいをもち人生を豊かに生きよう」とし、四代目桂福団治一門上方落語家桂七福さんを講師としてお招きしました。講演では、ボランティア活動について、ご自身の体験や古典落語を交えながらお話いただきました。
また、表彰関係では長年にわたり地域で社会福祉活動に貢献された方々や団体に対して、表彰状や感謝状が贈呈されました。


開催にあたり、ご協力をいただきました関係者の方々に深く感謝し、厚くお礼申し上げます。

 

・秋の交通安全キャンペーン

 

 270929交通安全キャンペーン.jpg

平成27年9月29日(火)、人形文化交流館前において勝浦町交通安全協会主催の秋の交通安全キャンペーンが行われました。


みかん保育園の園児さんが、小松島西高勝浦校の生徒さんや老人会の皆さんらと一緒に、勝浦校の生徒さんが作ったすだちを配りました。
交通安全協会の皆さんをはじめ、関係者皆さんご協力ありがとうございました。

町民の皆さんも、これを機会に交通安全を心がけていただきますようお願いします。

 

・小松島西高等学校勝浦校ライフル部表敬訪問

 

270911勝高生ライフル部表敬訪問01.JPG

 

H270911勝高生ライフル部表敬訪問04.JPG 

平成27年9月11日(金)小松島西高勝浦校ライフル部の皆さんが町長を表敬訪問されました。


小松島西高勝浦校ライフル部は、第53回全国高校ライフル射撃全国高校選手権において、ビームライフル女子団体(團咲侑季さん、江崎あすかさん、前川愛海さん)で1253.3点の日本新記録で優勝し、女子個人では江崎あすかさんが2位、前川愛海さんが7位、男子個人では筒井順也さんが3位入賞しました。


今後のご活躍を期待しております。町民の皆様も応援よろしくお願いします。

 

・健康づくり推進活動功労者徳島県知事表彰受賞

 

H27賞状伝達.jpg 

平成27年9月3日(木)平成27年度健康を考える県民のつどいにおいて、勝浦町食生活改善推進協議会会長の山西一子さんが徳島県知事表彰を受賞されました。


山西さんは、平成14年から勝浦町食生活改善推進員となり、平成19年に同協議会会長に就任され「私たちの健康は私たちの手で」を合言葉に、長年にわたり地域で食を通した健康づくり推進活動をされています。また、活躍は町内にとどまらず、徳島県食生活改善推進協議会理事、徳島保健所食生活改善推進協議会副会長を務められており、徳島県全体に健康づくりの輪を広げることにもご尽力されています。


このたびの受賞を心からお喜び申し上げますとともに、今後ますますのご活躍をお祈りします。

災害時協力協定締結

 

 20150810災害時協力協定

平成27年8月10日(月)「災害発生時における勝浦町と勝浦町内等郵便局の協力に関する協定」を締結しました。

 

大規模災害で電話が利用できない場合など、郵便は安否を確認するための重要な手段です。
大規模災害に備えて、町と町内の郵便局は、町内に災害が発生した場合、緊急車両の提供や避難先リスト等の情報の相互共有などのため、「災害発生時における勝浦町と勝浦町内等郵便局の協力に関する協定」を締結しました。

・勝浦町町制施行60周年記念式典

 

 H27勝浦町町制60周年記念式典1.JPG

H27勝浦町町制60周年記念式典2.JPG

平成27年7月12日(日)勝浦町町制施行60周年記念式典を農村環境改善センターにおいて開催いたしました。

 

町民の皆様をはじめ、勝浦町の60年の歩みを支えていただいた多くの方々のご厚情に対し、深く敬意と感謝を申し上げます。

 

町民の皆様とともに、人口減少や地域活性化などの対策に積極果敢に取り組み、「農業・交流・定住のまち」としての魅力づくりをさらに加速させていきたいと思います。

 

・社会を明るくする運動強調月間

 

H27社会を明るくする運動.JPG 

平成27年7月1日(水)社会を明るくする運動強調月間(7月1日~7月31日)にあわせ、小松島地区保護司会の皆さんが来庁されました。

 

社会を明るくする運動は、すべての国民が犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪のない地域社会を築こうとする全国的な運動のことです。
 
安全で安心して暮らせる地域社会づくりはすべての人の願いです。地域の皆様方のご支援、ご協力をお願いいたします。

 

・関東阿波かつうら会 第19会総会

 

19回 関東阿波かつうら.JPG

平成27年6月13日(土)東京の主婦会館プラザエフにおいて、関東阿波かつうら会第19回総会が開催されました。
 
懇親会では、シャンソンの宴やフラダンス、カラオケ、阿波踊り等のアトラクションが行われ、大いに盛り上がりました。

 

ふるさとである勝浦を話題に親睦を深めることができ、楽しい時間を過ごすことができました。

 

 

・知事への要望

 

H27.6.12道路改良の要望コピー.JPG

平成27年6月12日(金)飯泉知事に道路改良の要望を行いました。

 

知事からは、県道徳島上那賀線の徳島市飯谷町長柱(青葉荘のところ)に続き、飯谷町大ノ上(H鋼のところ)についても、狭隘部の改良に着手するとの回答をいただきました。

 

地方創生の観点からも、道路整備は大変重要でありますので、今後もしっかりと取り組んで参ります。

 

 

・近畿かつうらふるさと会

 

H270524近畿勝浦ふるさと会.JPG

平成27年5月24日(日)ホテルアウィーナ大阪において、近畿かつうらふるさと会 第22回総会が開催されました。
 
会員39名、来賓・ご招待者等総勢82名が参加され、総会後の各テーブルでは、ミニ同窓会を楽しみ、やっこ連の阿波踊りも行われ、大いに盛り上がりました。

 

町物産協議会による特産品の即売も行われ、たくさんお買い上げいただきました。 

 

・敬老会

 

 H27.4.12~5.10敬老会1- コピー.jpg

 

H27.4.12~5.10敬老会2- コピー.jpg

 

H27.4.12~5.10敬老会3 - コピー.jpg

平成27年4月12日(日)から5月10日(日)にわたり、町内15地区で恒例となっている敬老会が開催されました。

 

各地区の役員さんが趣向を凝らした出し物などを披露され、楽しい時間を過ごしました。

 

高齢者の方々が、いつまでも住み慣れた場所で元気に楽しく暮らしてくださることを願っております。

 

勝浦中学校体育祭

 

H27.5.17勝浦中学校体育祭1 - コピー.jpg

平成27年5月17日(日)勝浦中学校で体育祭が開催されました。

生徒の皆さんは、日頃の練習の成果を存分に発揮し、活き活きと活躍してくれました。

皆で準備をし、力を合わせて何かをやりとげた経験は必ず皆さんの糧となると思います。

 

・交通安全キャンペーン

 

交通安全 - コピー.jpg

平成27年5月15日(金)、道の駅前において勝浦町交通安全協会主催の交通安全キャンペーンが行われました。
 
「安全運転をお願いします」とこすもす保育園の園児が交通安全グッズを、また、小松島西高勝浦校の高校生が自分達で育てた花を手渡すとドライバーの方も笑顔で応えていました。
 
キャンペーンに参加いただいた皆さん、ご協力ありがとうございました。

 

 

・勝浦町老人クラブ連合会総会

 

コピー ~ H27.4.16町老連総会1.JPG

平成27年4月16日(木)勝浦町住民福祉センターにおいて、勝浦町老人クラブ連合会総会が行われました。

皆様のお元気な姿を拝見でき、嬉しく思います。

 

今年一年も健康に過ごされることを祈念いたします。

 ・戦没者慰霊祭

H27.4.15戦没者慰霊祭2 - コピー.JPG

平成27年4月15日(水)戦没者慰霊祭が執り行われました。
 
先の大戦が終わりを告げて70年の歳月が経過しました。この式典は、戦没者の方々に対し、ご遺族関係者とともに心からの哀悼の誠を捧げ、御霊を慰霊させていただくため、開催されています。
 
歴史を顧み、戦争の惨禍が再び繰り返されないことを切に願い、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、心から追悼の意を表し、恒久平和の実現に努めていく必要性を感じました。
 

・入学式

H27.4.9勝浦中学校入学式 - コピー.jpg

 平成27年4月9日(木)生比奈小学校、横瀬小学校、勝浦中学校の入学式が行われました。
 生比奈小学校21名、横瀬小学校14名、勝浦中学校31名の新入生が入学しました。


 新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます。新しい環境での学校生活を一生懸命過ごしてください。
 楽しく元気に学校生活を送れるようにお祈りしております。

・四国徳島勝浦町特産品まけまけいっぱいフェア

勝浦町特産品まけまけいっぱいフェア.JPG

平成27年2月5日(木)・6日(金)の2日間、東京都日本橋イベントスペースにて「四国徳島勝浦町特産品まけまけいっぱいフェア」を開催しました。

 

勝浦みかん生産販売促進協議会から生産者も参加いただき、ちょぞっ娘とともに、みかん、いちご、きゅうり、しいたけなどの新鮮野菜、勝浦産みかんストレートジュースなどの加工品を販売しました。

 

また、ビッグひな祭りやさくら祭りの観光PRも実施し、より多くのみなさまに勝浦町を知っていただく良い機会になったことと思います。

 

 

・平成27年成人式

勝浦町成人式.JPG 

平成27年1月2日(金)、農村環境改善センターにおいて、勝浦町成人式が開催され、男性20名、女性18名、計38名の新成人の皆さんが参加されました。

 

新成人を代表し、市川貴雄さんが「強く大きな志を持ち、それぞれの夢や目標に向かって迷わず進み、努力することを新成人一同が決意します。」と誓いの言葉を述べ、新成人としての決意を新たにされました。

 

若い皆さんには大きな可能性があります。志を高く持って、何事にも果敢にチャレンジしてください。

 

 

 ・平成26年度知事・市町村長地域懇話会

20141106地域懇話会1.jpg

 

20141106地域懇話会2.jpg

平成26年11月6日(木)勝浦町住民福祉センターにおいて、平成26年度知事・市町村長地域懇話会が開催されました。

 

会議には飯泉知事をはじめ東部1地区7市町村長が出席し、本町から飯泉知事に対し、勝浦川中角地区の堤防強靭化について要望いたしました。

 

 

・かつうら魅力市

20141101かつうら魅力市1

 

20141101かつうら魅力市2

平成26年11月1日(土)千葉県勝浦市において、「かつうら魅力市」が開催されました。

 

本イベントは、昨年まで開催されていた「いんべやぁフェスタ勝浦」にスイーツを中心としたグルメ出展を加え、食を通じて地域の活性化を図ることを目的としています。

 

本町からはみかんを中心に特産品を販売してまいりました。

 

 

・第13回全国勝浦ネットワーク会議

20141031勝浦ネット1

 

20141031勝浦ネット2

平成26年10月31日(金)千葉県勝浦市役所において、第13回全国勝浦ネットワーク会議が開催されました。

 

本ネットワークは、「千葉県勝浦市」「和歌山県那智勝浦町」「徳島県勝浦町」との間に、教育文化、産業、人的交流等について相互の交流の実現を図ることを目的に、平成13年に第1回の会議を開催しました。これまでの間、「友好都市盟約書」の締結、「災害時相互応援協定書」の締結を行い、3市町でのひな祭りの開催や各イベントでの特産品の販売等、青少年・文化・産業分野での交流が行われてきました。

 

本日の会議では、それぞれが抱える課題について意見交換が行われた後、今後の交流について話し合われ、勝浦市に本年完成予定の「勝浦市芸術文化交流センター(愛称“キュステ”)にて行われます文化祭に那智勝浦町並びに本町が参加するなど、相互交流を継続して行うことが確認されました。

 

  

 

・明日につなぐ防災フォーラム

H26防災フォーラム

平成26年8月24日(日)勝浦町婦人会主催による”明日につなぐ防災フォーラム”「みんなの力で地域を守る」が、勝浦町農村環境改善センターにおいて開催されました。

 

岩手県陸前高田市米崎中学校仮設住宅 自治会会長 金野 廣悦氏の講演は、津波による被災や、その後の状況など、実体験を聞くことができる大変貴重な機会となりました。

 

今夏、勝浦町でも、度重なる台風被害を受け、不安な日々を過ごされた方も少なくありません。
自然災害に対応できる知識を身につけ、他人事ではないという意識を持つことの大切さを痛感しました。

・アメリカ合衆国テネシー州ワシントン郡からのお客様

H26町長表敬訪問(ナカテツ)

平成26年8月11日(月)株式会社ナカテツの事業会社がある、アメリカ合衆国テネシー州ワシントン郡より、エルドリッジ市長夫妻、ミラー経済開発評議会長、カーターNMT総務部長夫妻が、株式会社ナカテツの関係者の方々とともに来庁されました。

 

台風11号による影響を危惧しておりましたが、無事にお会いし、勝浦町を紹介できたことをうれしく思います。

 

・第18回関東阿波かつうら会総会 

H26 第18回関東阿波かつうら会総会

平成26年6月14日(土)において、第18回関東阿波かつうら会総会、懇親会が東京都内で開催され、副町長、大西議長をはじめ議員の皆様とともに出席しました。

 

懇親会では、会員の皆様方と、ふるさと勝浦町談義に花が咲き、カラオケやフラダンスなどが催され、交流を深めました。
最後は阿波踊りで大いに楽しんで頂きました。

 

 

・勝浦郡老人クラブ連合会総会・幹部研修会

H26 勝浦郡老人クラブ連合会総会

平成26年6月4日(水)勝浦町住民福祉センターにおいて、勝浦郡老人クラブ連合会総会・幹部研修会が開催されました。

 

毎年、勝浦町、上勝町の連合会幹部の方々が、研修会を通して相互の資質向上と老人クラブ活動の充実・発展を図る目的で行われています。

 

皆さんの熱心に取り組まれている姿に感銘を受けました。

 

 

・近畿かつうらふるさと会 第21回総会 

H26 近畿かつうらふるさと会

平成26年5月25日(日)ホテルアウェーナ大阪において、近畿かつうらふるさと会 第21回総会が開催されました。

 

会員47名、来賓5名、勝浦町より35名の計87名が参加した懇親会では、歓談の輪が広がり、


最後に「やっこ連」による阿波踊りで大いに盛り、楽しいひと時を過ごすことができました。

 

・勝浦中学校 体育祭

H26 勝中体育祭

平成26年5月11日(日)勝浦中学校で体育祭が開催されました。

 

この日は、快晴で風が強く、砂埃が舞うなかの体育祭となりました。

 

生徒の皆さんは気迫溢れる競技を見せ、詰め掛けた家族や地域の方々から大きな声援が飛んでいました。

 

・単身高齢者 春の激励会

H26単身高齢者春の激励会

平成26年5月1日(木)、住民福祉センターにおいて、単身高齢者 春の激励会が開催されました。

 

この会は、勝浦町内に住む、ひとり暮らしの高齢者の方々に、外出の機会を持っていただき、孤独感の解消や仲間づくりを目的に毎年行われています。

 

これからも皆さんが、毎日を明るく楽しく健康に暮らしていける町を目指します。

 

・平成26年度 敬老会

H26敬老会(黒岩)H26敬老会(沼江)        

 

H26敬老会(掛谷)

平成26年4月13日から29日にかけて、勝浦町各地区で敬老会が開催されました。

 

笑顔と元気な声に包まれ、楽しい時間を過ごすことができました。

 

町として、これからも皆さんが、生き生きと明るく生活できるよう「健康長寿のまちづくり」にしっかり取り組んでまいります。


また来年、元気にお会いしましょう。


 

 

・戦没者慰霊祭

H26戦没者慰霊祭


平成26年4月15日(火)戦没者慰霊祭が執り行われました。

 

この式典は、勝浦町出身の戦没者の方々に対し、ご遺族関係者とともに心からの哀悼の誠を捧げ、御霊を慰霊させていただくため、毎年4月に開催されています。

 

厳かな雰囲気のなか、いま一度、戦争の悲惨さと、幾多の尊い犠牲があったことを見つめ直し、再び惨禍を繰り返すことのないよう恒久平和の実現に努めていくことを誓いました。

 

・平成26年度 小・中学校入学式

H26中学校入学式

平成26年4月9日(水)生比奈小学校、横瀬小学校、勝浦中学校の入学式が行われました。


生比奈小学校14名、横瀬小学校13名、勝浦中学校37名の新入生が入学しました。


新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます。新しい環境での学校生活を一生懸命過ごしてください。

元気に学び、健やかに成長される姿を楽しみにしています。

 

・交通安全キャンペーン

H26交通安全キャンペーン

平成26年4月8日(火)、道の駅前において、こすもす保育園の園児が、勝浦町交通安全協会とともに安全運転を呼び掛けるキャンペーンが行われました。
 
このキャンペーンは、「春の全国交通安全運動」の一環として行われ、園児の元気な呼び掛けに、ドライバーの方も笑顔で応えていました。

 

・第11回 勝浦さくら祭り 

H26さくらまつり2H26さくらまつり             

平成26年4月6日(日)さくら祭り開会セレモニーが行われました。

 

開会セレモニーと合わせて、生名谷川河川環境整備完成記念「さくらトンネル」開通のテープカットも執り行われました。

 

「さくらトンネル」は、生名谷川の河床に設置された歩道で、空を覆うように広がる桜並木を楽しむことができます。

 

関係者の皆さんの活動が実り、桜の名所として今年もたくさんの方々が来場され、満開の桜を楽しまれていました。

 

 

・徳島医療福祉専門学校 入学式

H26 徳島医療福祉専門学校入学式

平成26年4月6日(日)徳島医療福祉専門学校の入学式が行われました。

 

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。
これから3年間、夢の実現に向けて勝浦町で過ごされる皆さんを、心から歓迎いたします。

 

学業とともに、町との交流を通して、皆さんが心豊かに成長され、夢を叶えられることを願っております。

 

・人権を考える勝浦郡民のつどい

H26 人権コンサート

平成26年2月15日(土)農村環境改善センターにおいて、私が会長を務める勝浦郡人権教育推進協議会の主催により”人権を考える勝浦郡民のつどい”を開催しました。

 

第1部は、東京藝術大学教授 佐野 靖さんによる、「音楽と人間のかかわりを考える」と題した講演を、
第2部は、日本を代表する若手演奏家の高橋 維さん、田中 拓也さん、森田 みず希さんによる生演奏を鑑賞して頂きました。

 

21世紀は人権の世紀と言われて久しくなりますが、私たちのまわりには、今なお、さまざまな人権問題が存在しています。
さらに、残念ながら、差別落書きやインターネット上での差別書き込みなど、未だに差別事件は後を絶ちません。
今後もあらゆる人権問題について、正しい理解と認識を深める啓発や人権擁護活動が必要です。

 

今回の講演や音楽を通して感じた気持ちを大切に、差別のない明るい社会づくりの実現を目指しましょう。

・勝浦みかん活性化シンポジウム

H26勝浦町みかんシンポジウム

平成26年2月7日(金)農村環境改善センターにおいて、勝浦みかん活性化シンポジウムが開催されました。

 

勝浦みかん品評会とともに、勝浦いきいきファーマーズ主催、勝浦町・JA東とくしま共催により生産者約200人の参加を得て盛大に開催されました。 

前日に行われた品評会の入賞者は、シンポジウムにおいて発表され、勝浦町長賞は、澤口實さん(星谷)が受賞されました。
また、市場研究会理事 青果物流通アドバイザー鈴木榮氏、新和株式会社営業課長 小野誠二氏、香川県果樹研究同志会副会長 吉田哲士氏による講演、「勝浦みかんブランド化に向けた取組」をテーマに生産者ら六人によるパネルディスカッションが行われました。

 

今回のシンポジウム開催に、ご支援ご協力をいただきました関係各位の皆様方に、厚くお礼申し上げます。

 

・三期目初登庁

H26 中田町長3期目初登庁

平成26年2月5日(水)、三期目スタートを迎え初登庁しました。

  
無投票で再選を果たすことができたことは、まことに光栄に思うとともに、責任の重さに身の引き締まる思いです。
三期目就任の決意といたしまして、みかんのブランド化を強力に推し進め、公共施設や住宅の耐震化による防災力の強化を図るとともに、引き続き若者定住対策、子育て支援の充実を図ってまいります。
さらに、県道、町道などの道路網整備を着実に進めるなど、本町が抱える諸課題の解決に向けて、全力で取り組んでまいります。
町民の皆様の負託に答えるべく、町政発展のため一層の努力をしていく所存ですので、どうか今後ともご支援、ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。
                                                                           

 

 

・第60回徳島駅伝

H26 徳島駅伝 結団式H26 徳島駅伝 勝浦コース      

 

H26 徳島駅伝 勝浦コース2H26 徳島駅伝 解団式        

 

平成26年1月4日(土)から6日(月)にかけて新春恒例の徳島駅伝が開催されました。

 

60回の記念大会で、5年ぶりに勝浦コースが採用され、4日(土)午後2時30分に勝浦町農村改善センター前から、私の号砲で岡本隆宏(横瀬)選手始め15郡市の選手が一斉にスタートを切りました。

 

沿道では、地元関係者の方々が勢ぞろいし、300mの巨大横断幕や着ぐるみで選手たちを激励。詰め掛けた住民の皆さんは応援に声をからし、スタート、中継点では、町婦人会など4団体の70人がぜんざいや、あめ湯を振る舞いました。


町を挙げての熱気あふれた応援に、選手の皆さんは懸命の走りで期待に応えていました。

町民が一丸となり、精一杯の声援を送る気持ちを誇りに思います。

 

選手を始め関係者の皆様、寒風の中大変お疲れ様でした。

 

 

・平成26年成人式

H26 成人式2H26 成人式3      

 

H26 成人式1

新年あけましておめでとうございます。
 謹んで新春のお慶びを申し上げます。


平成26年1月2日(木)農村環境改善センターにおいて成人式が行われました。


今年は、男性31人、女性18人、計49人が新成人となり、式に参加した方々の晴れ姿は、新春を華やかに彩っていました。


清水 啓哉さん(生名)が成人代表として、すがすがしい誓いを述べられました。

 

皆さん、勝浦町で、また故郷を離れて、それぞれの場所で想いを胸に未来を見つめていることと思います。
皆さんの未来が明るく照らされることを心より願っています。


 

・保育園クリスマス会

H25 保育園クリスマス会

平成25年12月20日(金)勝浦みかん保育園、勝浦こすもす保育園のクリスマス会に今年もサンタクロースに扮し、子どもたちに会いに行きました。


「サンタさんは、なぜ赤い服を着ているの。」「サンタさんは、何歳ですか。」など子どもたちからの質問にお答えしたり、一緒にダンスを踊ったり、楽しいひとときを過ごしました。
園児ひとりひとりにプレゼントを渡すと「ありがとう。」と大喜び。「また、来年も来てね。」とかわいい笑顔のプレゼントをいただいて帰りました。


勝浦町の子どもたちの健やかな成長を北の国のサンタクロースと共にお祈りしております。

・勝浦町民間賃貸住宅建設 地鎮祭

H25 賃貸住宅 地鎮祭

平成25年12月1日(日)沼江字天川において、賃貸住宅建設(施主:松浦征子氏)に係る地鎮祭が行われました。

 

勝浦町民間賃貸住宅建設費助成を受けて行う初めての賃貸住宅であり、2LDK、3LDKそれぞれ6戸が計画されています。

 

神官により工事の安全と事業の成功が祈願されました。

・第1回勝浦町子ども・子育て会議

H25 第1回勝浦町子ども・子育て会議

平成25年11月29日(金)第1回勝浦町子ども・子育て会議を招集し、委員の皆さんへ委嘱状、辞令書を交付しました。


この会議は、勝浦町子ども・子育て支援事業計画の策定など子ども・子育て支援新制度に関する重要事項について調査審議することを目的に設置しています。


委員の皆様のご意見・ご提案をいただき、更に子育て支援の充実に努め、子育てをしやすい町づくりに取り組んでいきたいと思います。

勝浦町老人クラブ第31回健康祭

H25 第31回老人クラブ健康祭

平成25年11月14日(木)勝浦町住民福祉センター3階ホールにおいて、勝浦町老人クラブ連合会主催の健康祭が行われました。

 

神官により健康長寿の祈願が行われ、今年数え年で88歳を迎えられた26名の方に、米寿祝いの記念品が贈られました。


皆様のお元気な姿を拝見でき、ご長寿を祈念し、楽しい時間を過ごしました。

千葉県立勝浦若潮高校生との交流

H25 千葉県立勝浦若潮高校 交流

 

H25 千葉県立勝浦若潮高校 交流2

 

平成25年11月14日(木)「全国勝浦ネットワーク」を構成する千葉県勝浦市の県立勝浦若潮高校の2年生55人が、修学旅行で本町ふれあいの里さかもとを訪れ、小松島西高校勝浦校の生徒や町民の方々と交流を深めました。

 

両校学校紹介のあと、勝浦校民芸部の人形浄瑠璃公演を鑑賞、地元の阿波踊り連 やっこ連の指導による阿波踊りを体験されました。

 

両校の交流が今後も続くことを願うとともに、和歌山県那智勝浦町を含めた「全国勝浦ネットワーク」を構成する3市町のさらなる交流と繁栄を祈念するものであります。

第12回全国勝浦ネットワーク会議

H25 第13回勝浦ネットワーク会議2

 

H25 第13回勝浦ネットワーク会議

 

平成25年11月7日(木)和歌山県那智勝浦町役場において、第12回全国勝浦ネットワーク会議が開催されました。

 

本ネットワークは、「千葉県勝浦市」「和歌山県那智勝浦町」「徳島県勝浦町」との間に、教育文化、産業、人的交流等について相互の交流の実現を図ることを目的としており、平成13年に第1回の会議を開催しました。


これまでの間、「友好都市盟約書」の締結、「災害時相互応援協定書」の締結を行い、3市町でのひな祭りの開催や各イベントでの特産品の販売等、青少年・文化・産業分野での交流が行われてきました。


本年11月2日(土)には、勝浦市で開催された「いんべやぁフェスタ」に那智勝浦町並びに本町が参加し、特産品などの販売を行っております。


本日の会議では、それぞれが抱える課題について意見交換が行われた後、今後の交流について話し合われ、引き続き相互交流を行うことが確認されました。

第5回環境町民のつどい・赤十字災害用移動炊飯器贈呈式

H25 環境町民のつどい

 

H25 日赤炊飯器贈呈

 

平成25年11月5日(火)勝浦町住民福祉センターにおいて環境町民のつどいを開催しました。

多数の町民の皆さんに参加をいただきました。


長年にわたり、地域の環境美化やボランティア活動として、花いっぱい運動を続けてこられました、沼江の尾下 マツエ様、星谷フラワークラブの方々に感謝状を授与しました。

 

講師として、NPO法人 新町川を守る会 理事長 中村 英雄さんによる「水を生かしたまちづくり活動」と題して、ご講演をいただきました。
新町川を守る会は「できる人が、できる時に、できることを」を基本理念に、水を活かした多彩な活動を展開されており、町の中心に勝浦川が流れる勝浦町にとって、身近な環境について考える良い機会となりました。

 

また、同日、日本赤十字社徳島県支部から、赤十字災害用移動炊飯器をいただきました。
災害時の炊き出しや防災訓練など、有効に活用していきたいと考えております。
 


はぐくみクラブ 意見交換会

H25.11 はぐくみクラブ意見交換会 

 

平成25年11月5日(火)子育て交流支援センター(こどものひろば)において、はぐくみクラブとの意見交換会が行われました。

 

はぐくみクラブは、保育園に入園前の子育て親子の交流等を促進する子育て支援拠点として、地域の子育て支援機能の充実や、子育ての不安感等を緩和し、子どもの健やかな育ちを促進することを目的に運営されています。


今回のご要望を受け、皆さんが抱く子育てについての様々な悩みや不安を緩和できるよう、今後も支援してまいります。


 


 

社会総合大学 2013 勝浦町人権講演会

H25勝浦町人権講演会

 

平成25年11月4日(月)農村環境改善センターにおいて、勝浦町人権講演会を開催しました。

 

上方落語家で日本手話落語協会会長の四代目桂福團治さんを講師にお招きし、「落語と私」と題した講演を行っていただきました。
会場は笑いに包まれながら、軽妙な語りに引き込まれ、真剣に聞き入っていました。

 

今後もあらゆる人権問題について、正しい理解と認識を深める啓発や人権擁護活動が必要であると考えています。
町民の皆様にも、差別のない明るい社会づくりの実現に、ご協力いただけるようお願い致します。




 

特定非営利活動法人 K-Friends設立記念式典

H25 NPO K-Frieds設立記念 

 平成25年11月3日(日)勝浦町民体育館において、特定非営利活動法人 K-Friends設立記念式典が開催されました。

勝浦町総合型地域スポーツクラブ K-Friendsは、今年で設立から5年目を迎えられました。
この間、スポーツ教室や、文化教室、また工夫を凝らした数々のイベントや交流事業等を通じて、町民の皆さんの健康づくりはもちろんのこと、町の活性化にご尽力いただいております。

 

このたび、念願の特定非営利法人化が実現され、新たな第一歩を踏み出されました。
これを契機として、会員の拡大や財政基盤の強化を図り、健康で活力あるまちづくりに向け、更なる飛躍を期待しています。


第12回全国歴史の道会議徳島県大会

 H25 全国歴史の道会議徳島大会2.JPG

 

平成25年10月19日(土)阿南市文化会館夢ホールにおいて、第12回全国歴史の道会議徳島県大会が開幕しました。

 

歴史的に貴重な古道の保護や活用を考える、「全国歴史の道会議」は、今回、「遍路道を活かした地域の連携」をテーマに、文化庁、徳島県教育委員会、阿南市、勝浦町教育委員会等の主催により開催されました。


オープニングセレモニーでは、勝浦座による「恵比寿舞」を上演いただき、勝浦町遍路道ボランティアサークル代表 野崎 泰宏さんから、「遍路道の清掃活動とお接待」と題して活動報告がされました。

 

四国遍路に信仰心だけでなく、人生に潤いを求めて巡礼される方が増えているのは、「お接待」の文化が強く影響しているといわれます。
その文化が深く根付く勝浦町について、全国の方々に触れていただける機会となりました。

第23回 健康・福祉まつり

H25健康福祉まつり 

 

平成25年10月19日(土)農村環境改善センターにおいて、第23回健康・福祉まつりを開催しました。


今回のテーマは“一人ひとりが健康づくりに取り組み自分の夢を持ち続けよう”です。
徳島大学(大学開放実践センター)田中 俊夫教授に”阿波踊り体操”の講演をしていただきました。
また、健康づくりや社会福祉に貢献された方々に対して、表彰状並びに感謝状を贈呈いたしました。
長年にわたるご功績に対し敬意と感謝を申し上げます。

 

健康な身体であってこそ、夢がふくらむものと思います。この機会を通して、なお一層健康づくりが図られ、温かい心の通い合う地域社会や環境をつくるため今後も取り組んでまいります。

 

開催にあたり、ご協力をいただきました多くの関係者の方々に心から感謝し厚くお礼申し上げます。

勝浦郡人権教育推進協議会 総会

 H25 勝浦郡人権教育推進協議会 総会

 

平成25年8月28日(水)勝浦町住民福祉センターにおいて勝浦郡人権教育推進協議会の総会が開催されました。
徳島県人権教育指導員である藤原スミ先生の「いのち輝け このふるさとに」と題した講演をしていただきました。

 

勝浦郡人権教育推進協議会は上勝町、勝浦町両町の人権教育推進協議会により構成されています。
それぞれの町の協議会の活動を行いながらということで、なかなか活発な活動を行うことが困難な状況ではありますが、それでも、これまでの活動は大変有意義なものであったと感じています。


今後も皆様のご支援をいただきながら、しっかりとした取り組みを行い、我々が住む勝浦郡からの、あらゆる差別の解消に結び付けていきたいと考えています。


 


 

平和市長会議総会・平和記念式典

H25 平和市長会議1 H25 平和市長会議2 

H25 平和記念式典1 H25 平和記念式典2

平成25年8月3日(土)~6日(火)にかけて、平和市長会議総会が広島国際会議場において開催され、5日の会議と、6日の”原爆の日”に行われた平和記念式典に出席しました。

 

勝浦町は昨年、平和市長会議に加盟し、初めて総会に出席しました。

2020年までの「核兵器禁止条約の早期締結のため、国連と全ての国に具体的交渉の開始を求める」とする共同声明「ヒロシマアピール」を採択し閉会しました。

 

平和記念式典では、各地の被爆者や遺族代表、安倍首相ら政府関係者に加え、海外70カ国と欧州連合(EU)代表部の代表など、約5万人が参列し犠牲者を悼み、平和への誓いを新たにしました。

 

 原爆投下から68年を迎えた今もなお、世界には1万7000発以上の核弾頭があるとされ、被爆者の悲願である「核兵器なき世界」への道筋は見通せていません。
核兵器の非人道性を訴え、早期廃絶と平和な世界の実現に向け、被爆国である日本から声を出し続けることの重要性をより強く感じる機会となりました。


 


 

戦争体験を語り継ぐ会

H25 戦争体験を語り継ぐ会

平成25年7月28日(日)勝浦中学校体育館において、「戦争体験を語り継ぐ会」が開催されました。

28回目の会場に勝浦町が選ばれ、徳島県婦人団体連合会並びに勝浦町婦人会の主催により、戦争を知らない世代の小・中学生を対象に催されました。

 

戦争の記憶の風化が危惧される今、「戦争の悲惨さ、虚しさ、平和への願い、命の尊さ」を、戦争を知らない若い世代に語り継ぐことは、悲惨な戦争を二度と起こさないためにも極めて重要であり、婦人会の皆様の取組みに、敬意を表します。


 

新居 嘉眞さん100歳慶祝訪問

H25 新居嘉眞さん100歳慶祝訪問

平成25年7月19日(金)与川内の新居 嘉眞(よしざね)さんが100歳を迎えられ、現在入所されている「喜楽苑」に県知事代理とともに訪れ、お祝い状と記念品を贈りました。

 

新居さんは95歳までの約80年間、神主を務められたほか、ミカンの栽培や養蜂でご家族を支えられました。
今は、娘さんの運転する車でのドライブが何より楽しみだそうです。
この日も、家族に囲まれ、笑顔が溢れていました。

 

この度、お元気で100歳を迎えられたこと、心からお祝い申し上げます。
これからも、ご家族と楽しい時間をたくさん過ごしてください。


 

 自衛官募集相談員委嘱式

H25自衛隊相談員委嘱式

平成25年7月11日(木)自衛官募集相談員の委嘱式が行われ、下村 幸司さん(与川内)に委嘱状を手渡しました。

 

相談員とは、自衛官に興味のある若者に対して情報提供や広報活動などを行い、ボランティアで募集業務のパイプ役となっていただく方です。
委嘱期間は2年間です。自衛官を希望される方は、ぜひご相談ください。

婦人会ミニ運動会

H25 婦人会ミニ運動会

平成25年7月6日(土)町民体育館において婦人会ミニ運動会が開催されました。

 

午後6時から行われた運動会には、たくさんの会員が集まり、地区ごとのチームに分かれ、恒例の「ボール送り競争」や「縄ない競争」など、数々の競技で盛り上がり、全員で踊る「勝浦音頭」で幕を閉じました。

 

年に一度、皆さんと交流を深めることのできる大切な行事のひとつです。来年も楽しみにしています。

社会を明るくする運動強調月間

H25 社会を明るくする運動

平成25年7月1日(月)「社会を明るくする運動強調月間」にあわせ、小松島地区保護司会の皆さんが来庁されました。

 

 法務省が主唱する「社会を明るくする運動」は、毎年7月を強調月間とし、”犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ”をスローガンに活動を推進しています。
これは、すべての国民が、犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪のない地域社会を築こうとする全国的な運動です。


安全で安心して暮らせる地域社会づくりはすべての人の願いです。地域の皆様方のご理解とご支援、ご協力をお願いいたします。

勝浦郡PTA連合会 球技大会

H25 勝浦郡PTA球技大会

平成25年6月30日(日)上勝中学校体育館において、勝浦郡PTA連合会主催の球技大会が開催されました。
勝浦郡内3小学校と2中学校、小松島西高校勝浦校の計6校から2チームごと、計143名が参加し、熱戦を繰り広げました。

 

この大会はPTAの親睦を図ることを第一の目的としています。
この日のために半月から1か月程度、週2回ずつ練習をした学校が多く、練習を通じて、より親睦を深めるとともに、健康増進にも繋がったことと思います。

 

ご多忙の中、参加された保護者の皆様、並びに学校関係者の皆様、大変お疲れ様でした。

川北簡易水道整備事業安全祈願祭及び起工式

H25川北水道起工式  H25川北水道起工式2

平成25年6月30日(日)川北簡易水道整備事業安全祈願祭及び起工式が行われました。

 

川北簡易水道整備事業は、これまで水道未普及地域であった今山地区に水道施設を整備するとともに、併せて、今山地区に隣接する黒岩簡易水道の施設が老朽化していることから施設の改良や統合を行うものです。


そして、勝浦町における簡易水道のモデル事業として、今山地区及び黒岩地区へ安全で安心な水道水の供給を図ります。

 

工事の実施期間は平成24年度から27年度までを予定しています。

 勝浦町人権教育推進協議会 総会

H25 勝浦町人権教育推進協議会 総会

平成25年6月28日(金)住民福祉センターにおいて勝浦町人権教育推進協議会の総会が開催されました。
また総会終了後には、徳島県ペンクラブ副会長 鈴木綾子先生による講演も行われました。

 

勝浦町では、平成6年7月「勝浦町差別をなくし人権を擁護する条例」が制定され、勝浦町人権教育推進協議会を核として、町をあげて「差別のない明るい地域づくり」に取り組んでまいりました。


これからも、皆様に人権尊重の大切さ、生命の尊さについて、日常生活の中で気づき行動をもって人権教育・推進活動に取り組んでいただき、すべての住民の方々の人権が尊重され、人権尊重の精神が、広く理解される社会が実現できますようご協力頂きたいと願います。

 勝浦町自主防災組織連絡協議会 総会

H25勝浦町自主防災組織連絡協議会 総会

平成25年6月27日(木)勝浦町自主防災組織連絡協議会の総会を開催しました。


自主防災組織とは、災害対策基本法の規定に基づき、住民一人ひとりが「自分の命は自分で守る」そして、「自分たちの地域は自分たちで守る」という考え方に立ち、自主的に防災活動を行う組織で、本町では、県内の町村で初めて100%の組織率となりました。
総会では、昨年度の実績報告と新役員さんの選出の後、今年度に行われる研修会や一斉訓練についての審議が行われました。


災害が発生した場合、その被害を最小限にくい止めるには、地域住民が団結し、組織的に行動することが大切です。
どうか皆様におかれましては、その役割の重大なことを再認識され、いっそうのご協力を賜りますようお願い申し上げます。

個人情報保護審査会

H25個人情報保護審査会1  H25個人情報保護審査会2

平成25年6月25日(火)勝浦町個人情報保護審査会が行われました。


勝浦町個人情報保護審査会とは、勝浦町が保有する個人情報を適正に管理するため、個々の事案について委員から意見を聴くものです。

 

今回は、大規模災害発生時における戸籍の正本及び副本の同時滅失等を防ぐため、副本データを遠隔地で保管する事案について、大道会長から答申を受けました。

 

答申を尊重し、個人情報の厳重な保護に努めてまいります。

 南部農免農道整備事業促進期成同盟会 総会

H25 南部農免農道整備事業促進期成同盟会 総会

平成25年6月6日(木)、南部農免農道整備事業促進期成同盟会総会が行われました。
 
平成24年度南部農免農道整備事業の実績と進捗状況が報告され、今年度の事業計画などについて協議を行いました。
 
農道の改良や新設を行うことで、農産物流通体系の合理化と輸送労力の節減が図られます。

 

平成25年度に南部上2期地区の事業が完了し、念願の3期地区の未採択部分である大谷地区が、平成26年度に事業採択されることになり、早期完成に向けて、県ご当局にお願い致しました。

 第11回与川内ホタルまつり

H25ホタルまつり  H25ホタルまつり2

平成25年5月31日(金)第11回与川内ホタルまつりの開幕式が開催されました。

 

今にも雨が降りそうな天候の中でしたが、県内外から多く方が来訪されていました。

ホタルも皆さんの思いに触発されたのか、元気に川辺を飛んでいました。

 

ホタルが住める環境づくりに、ご尽力頂いております関係者の皆様方に、敬意と感謝を申し上げます。

 

イベントに関わられた与川内ホタル村保存会の皆様、大変お疲れ様でした。

来年も楽しみにしております。

第17回 関東阿波かつうら会 総会・懇親会

H25関東阿波かつうら会1  H25関東阿波かつうら会2

平成25年6月1日(土)東京の主婦会館プラザエフにおいて、関東阿波かつうら会の総会・懇親会が行われました。

 

懇親会では、「シャンソンの宴」やカラオケ、阿波踊り等のアトラクションで大いに盛り上がりました。

 

会場のあちこちで、ふるさとの思い出や近況報告などの話に花が咲き、楽しい中にも交流が益々深まった一日となりました。

 近畿かつうらふるさと会創立20周年記念式典

H25近畿かつうらふるさと会  H25近畿かつうらふるさと会2

平成25年5月11日(土)農村環境改善センターにおいて、近畿かつうらふるさと会創立20周年記念式典が行われました。
会の発展に寄与された方々に感謝状が贈られ、勝浦町に、記念品の時計が贈呈されました。

 

また、住民福祉センターでの交流親睦会には、約40人のふるさと会員と約100人の町民が集まるなか、勝浦座の恵比寿舞で幕開けし、やっこ連の阿波踊りで幕を閉じました。

 

ふるさと会の皆さんは、「ふるさとを満喫したので、またがんばれます。」と勝浦町を後にされました。


勝浦を離れてがんばっている皆さんが、帰ると心癒される場所であり続けたいと改めて思います。

 吉野川水防演習

H25 吉野川水防演習  H25吉野川水防演習2

平成25年5月12日(日)、三好市三野町河川敷で開催された吉野川水防演習に、消防本団とともに参加しました。

 

この水防演習は、出水期を前に、水防技術の向上と水防体制の充実、住民の方の水防に対する理解と協力を得ることを目的として、国土交通省四国整備局管轄4県の持ち回りで毎年5月に開催されています。

 

演習では、吉野川で洪水が発生するとの想定に沿って、様々な訓練が行われました。

 

本町としても、一人ひとりの自主防災への意識を高め、自分の町を自分で守るため、より一層の努力を重ねていきます。

平成25年度 敬老会

H25今山敬老会1 H25今山敬老会2

 

H25黒岩敬老会 H25坂本敬老会

平成25年4月14日(日)から5月5日(日)にかけて、勝浦町各地区で敬老会が行われました。

 

 

今年は総じてお天気に恵まれ、春の陽気に包まれて生き生きとした皆さんの姿を拝見でき、楽しい時間を過ごすことができました。

 

年度の始めに、皆さんにお会いすることで、改めて気を引き締めることができます。

 

 

長年にわたり勝浦町の発展にご尽力いただいておりますことに、心から感謝と敬意を表します。

 

どうか今後ともお元気で、益々ご活躍いただき、我々若輩を叱咤激励していただきますようお願いいたします。

武者人形祭り

H25武者人形祭り1  H25武者人形祭り 

平成25年4月21日(日)から5月12日(日)にかけて、武者人形祭りが行われています。

 

今年は、県内外から人形約1200体が寄せられました。

 

昨年に寄せられた800体と合わせ、横瀬中央商店街や鹿背山神社、道の駅「ひなの里かつうら」などに飾られているほか、「アスティとくしま」のふれあい広場にも展示されています。

また、5月5日(日)には、ちびっこすもう大会や健康ウォーキングなどのイベントも開催されます。

 

新しいイベントが地域に根差すためには、大変な努力と熱意が必要となります。
かせやまクラブの皆さんの活動を目にすると、「武者人形祭り」に懸ける強い想いが伝わってきます。



戦没者慰霊祭

H25 戦没者慰霊祭

平成25年4月16日(火)住民福祉センターにおいて、戦没者慰霊祭が行われました。

 

ご遺族の方々とともに、戦没者のご冥福と恒久平和を祈りました。

 

先の大戦が終わりを告げてから、68年余りの歳月が経過しました。
戦後、ご遺族が幾多の困難や悲しみを乗り越え、また、国民一人ひとりが平和を願い努力した結果、今日があります。

 しかし、世界の一隅では争いが絶えることはなく、慰霊祭の当日には、ボストンマラソンで爆破テロが起き、悲痛に叫ぶ人々の姿が各メディアで報道されておりました。
その惨状を目にすると、いま一度、戦争の悲惨さと幾多の尊い犠牲があったことを見つめ直し、再び惨禍を繰り返すことのないよう、恒久平和の実現に努めていく必要性を痛切に感じました。



平成25年度 入学式

H25 生比奈小学校  H25 勝浦中学校2 

H25 横瀬小学校  H25 勝浦中学校1

平成25年4月9日(火)生比奈小学校、横瀬小学校、勝浦中学校の入学式が行われました。

 

天候に恵まれ、春の日差しは、期待と緊張を抱いた新入生を、暖かく包み込んでいるようでした。

 

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。


スタートした学校生活の中で、自立するための基礎を学び、何事にも感謝の気持ちを忘れないよう心に留め、目一杯楽しい時間を過ごして下さい。

 

現在、町内の小中学校施設は、耐震化100%を達成しております。
これからも、安全・安心な教育施設の整備や教育環境の更なる充実を図ってまいります。

 

学校、家庭、地域が互いの役割を認識し、見守ることで、生徒たちが心身とも健全に成長することを願っています。

 



 

 徳島医療福祉専門学校 入学式

H25 徳島医療福祉専門学校 入学式

平成25年4月7日(日)徳島医療福祉専門学校の入学式が行われました。

 

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。
皆さんが、目標の実現に向けて学ばれるため、勝浦町での学生生活をスタートされることを心から歓迎いたします。

 

勝浦町では、四季を通じて愉しむことのできるイベントが行われています。
ぜひ、町の行事や様々なイベントに積極的に参加いただき、また、職場体験で町内の施設等に訪問し、町民との親睦や交流を通じて有意義な学生生活を過ごされることを祈っております。



 

・第10回 勝浦さくら祭り

H25 さくら祭り

平成25年4月7日(日)さくら祭りが行われました。

 

前日、春の嵐に見舞われましたが、当日は晴天が広がり、多くの来場者で賑わいました。

 

地域の恒例イベントとして定着し、毎回さまざまな催しを企画されています。
今回は、初めての試みとして「出合いパーティ」も行われ、たくさんの方が参加されました。

 

生名ロマンの会の皆さんの”楽しいイベントにしよう”という気持ちが、素敵な出会いを生み出し、心繋がる素晴らしいものに育っているのだと感じます。

・日本大学の学生がインターンシップで来町

H24日本大学

 

  8月5日(日)~7日(火)の3日間の日程で、日本大学生物資源学部食品ビジネス学科農村資源開発論研究室の宮部和幸先生ほか16名の学生が、フィールドリサーチに来町されました。


 皆さんは、ふれあいの里さかもとに宿泊され、海川運営委員長や町職員から坂本地区や勝浦町の説明を受けた後、現地を徒歩で散策されました。
 また、7日(火)には調査結果をまとめた報告会が行われ、私も地元坂本区の皆様とともに参加しました。


 若い人たちとのふれあいは、町内の皆様にも良い刺激になったようです。今後も宮部ゼミの皆様との交流が進展することを期待します。

 

・消防夏期錬成会

夏期練成会2

 

 夏期錬成会では、消防団の本団役員と各地区の分団長が災害現場等についての研修を行っています。
本年は私も同行し、8月5日、北淡震災記念公園・野島断層保存館において阪神淡路大震災時の消防団活動について講話を聞き、野島断層の見学を行いました。


講話では、野島断層保存館米山副館長から、当時消防団員として活動された経験談をお聞かせいただきました。


また野島断層保存館では、断層がありのままに保存され、地震の凄まじさと脅威を感じ、改めて地震に備える大切さを学びました。

・第20回喜楽苑・オレンジ荘夏祭り

H24喜楽苑夏祭り

 

 8月4日(土)に開催されました、第20回喜楽苑・オレンジ荘夏祭りにお招きいただきました。


 今年は天候にも恵まれ、よさこい踊り(四国大学生)やヒップホップダンス(K-フレンズキッズダンス)、阿波踊り(やっこ連),最後に花火があり、入所の方々を始め多くの町民の方々が夏の夜を楽しみました。
また、金魚すくいやヨーヨー釣りにはしゃぐ子どもの、にぎやかな声も印象的でした。


 喜楽苑・オレンジ荘のスタッフの皆さん、ボランティアの皆さん、大変お疲れ様でございました。
 

・徳島県消防操法競技大会

操法大会1 操法大会3

 

7月22日(日)徳島県消防学校グラウンド(北島町)で行われました徳島県消防操法競技大会小型ポンプ操法の部に、第9分団(掛谷・沼江・石原地区)が出場し、消防団員等とともに応援に駆けつけました。


 開会式直後1番目の競技となり、会場全体が緊張感いっぱいの中でしたが、半年間にわたり練習を積んできた成果を堂々と披露し,高い評価を得ました。


 惜しくも入賞は逃しましたが、第9分団の健闘を心から称え、今後さらなる団員の士気の高揚と技術の向上に期待いたします。


 

・勝浦町農業再生協議会 通常総会

H24 農業再生協議会 通常総会

7月19日(木)庁舎内大会議室において、勝浦町農業再生協議会 通常総会を開催しました。

 

この協議会では、勝浦町の作物戦略・販売、水田の利活用、担い手育成の将来方向を明確にした

「勝浦町水田農業ビジョン」を策定し、実現に向けて、具体的な目標を掲げ取り組んでまいります。


 

・新居 嘉眞さん99歳慶祝訪問

H24新居嘉眞氏白寿

7月19日(木)与川内の新居 嘉眞(よしざね)さんが99歳を迎えられ、現在入所されている「喜楽苑」で行われたお祝いに出席し、お祝い状と記念品を贈りました。

 

お元気でを白寿を迎えられたこと、おめでとうございます。


ご家族に見守られるなか、謝辞を述べられた新居さん。
趣味は読書とドライブで、家族の運転する車で上勝町や小松島へドライブに行かれているそうです。

 

また来年の100歳のお祝いでお会いできることを楽しみにしています。

・消防操法練習 激励

H24消防操法練習激励

7月6日(金)東とくしま農協 勝浦支所 青果場で行われています、消防操法の練習へ激励に訪れました。


これは、7月22日(日)に行われる”徳島県消防操法競技大会 小型ポンプの部”に、勝浦地方分会を代表して、第9分団(掛谷、沼江、石原地区)が出場するために行われているものです。
約20名が半年の間、週3回、仕事後に集まり練習を積んできました。
本番当日は代表の4名が出場します。

 

今までの練習の成果を、遺憾なく発揮されることを期待しております。

・社会を明るくする運動

H24 社会を明るくする運動

7月2日(月)「社会を明るくする運動強調月間」にあわせ、小松島地区保護司会の皆さんが来庁され、法務大臣からのメッセージを伝達していただきました。

 

法務省が主唱する「社会を明るくする運動」は、毎年7月を強化月間として展開され、今年で62回を迎えます。
テーマは”犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ”です。

 

この運動が、皆さんの意識に深く根付き、いつか、安心安全に暮らせることが当たり前の社会となることを、心から祈念いたします。

・婦人会ミニ運動会

H24 婦人会ミニ運動会

7月1日(日)町民体育館において婦人会ミニ運動会が開催され、参加しました。

約260名が集まり、15支部を3チームに分けての対抗戦で行われ、幅広い年代の方々が楽しめるよう、工夫を凝らした競技が多数ありました。
なかでも、”稲わら”で縄を作り、長さと強さを競う「縄ない競争」は、ご高齢者の熟練した技が光り、応援にも力が入りました。
私も、全員で踊る「勝浦音頭」を始め、競技に参加し、皆さんと一緒に楽しい時間を過ごしました。

 

「活気ある町は、女性が元気な町」と言われます。皆さんの姿を見て、勝浦町の元気の源を再確認しました。
 

・勝浦郡PTA連合会 球技大会

H24 勝浦郡PTA連合会球技大会

6月24日(日)勝浦中学校体育館において、勝浦郡PTA連合会主催のミックスソフトバレーボール大会が開催され、出席しました。


勝浦郡の小学校、中学校等が出場し、今年は勝浦中学校が優勝しました。 
 
この大会を通じて親睦を深め、子どもたちにとって、より良い教育環境づくりをめざして、今後とも幅広く取り組んで頂けることを期待しています。

・「あじさいランド美粧園」あじさいまつり

H24 美粧園あじさいまつり

6月22日(金)アジサイが見頃を迎えた、三渓の「美粧園」を訪れました。

 

美馬 定(さだむ)さんが、34年前にミカン畑跡を整備し、約1ヘクタールの庭に約30種類のアジサイ約3千株を育て、「美粧園」と名付けて開放しており、毎年、町内外から多くの来場者を迎えています。

 

アジサイを毎年丹精こめて個人でここまで育て上げるのは、想像以上に大変なご苦労なのだと思います。

その努力が花開き、心に触れる素晴らしい時間を過ごすことができました。

・東部広域農道整備促進期成同盟会 総会

H24東部広域農道整備促進期成同盟会 総会

6月6日(水)東部広域農道整備促進期成同盟会と、東部広域農道整備促進特別委員会との合同会議を、庁舎内大会議室において開催しました。

 

事業実績や、今年度の事業計画などについて協議しました。

 

早期完成に向けて、事業効果が発現できるよう、県ご当局にお願い致しました。

・勝浦町母子寡婦福祉会 総会

H24 勝浦町母子寡婦福祉会 総会

6月3日(日)住民福祉センターで行われた母子寡婦(かふ)福祉会の総会に出席しました。

 

勝浦町母子寡婦福祉会は、母子家庭・寡婦の明るく安定した生活を自分たちの手でつくり、子供たちの健やかな成長のために、お互いに支えあい、励ましあっていくことを目的として活動されています。

活動の一環として、勝浦町の催しに積極的に参加して頂いたり、ひとり暮らしの方の生活に安心を運ぶ役割もされています。

 

今後とも向上心を持ち、気丈に家庭を支えていかれることを期待しています。

・第16回 関東阿波かつうら会 総会・懇親会

第16回関東阿波かつうら会 総会

6月2日(土)東京の主婦会館プラザエフにおいて、盛大に開催された関東阿波かつうら会の総会・懇親会に出席しました。

 

関東阿波かつうら会は、平成9年に創立され、今年で16年目を迎えます。
関東方面にお住まいの勝浦町出身者、約100名が親睦を深め、勝浦町との交流をしている会です。

 

総会後、引き続き行われた懇親会では、互いの再会を喜びながら、ふるさと談義に花を咲かせ、
生まれ育った地に思いを馳せるとともに、来年の再会を誓い盛会のうちに終了しました。

・第10回 与川内ホタルまつり

H24 ホタルまつり1 H24 ホタルまつり2

6月1日(金)毎年恒例となりました”与川内ホタルまつり”の開幕式に出席しました。


今年のホタルまつりは、6月1日(金)から6月3日(日)にかけて開催され、3日間で13000人の来客があり、特に県外客の増加が目を引きました。

川辺では、月明かりが夜道を照らすなか、毎夜ホタルの舞に歓声が沸き上がっていました。

 

この10年間、与川内ホタル保存会の皆さんが努力を積み重ね、”与川内のホタル”の認知度を上げて来られた成果が、今回の来客に繋がったのだと思います。

来客数の増加に対応するため”ふれあいの里さかもと”が協力し、地区を越えて”訪れた方々に楽しんで頂こう”とする気持ちを強く感じました。

 

ホタルが住める環境づくりに、ご尽力頂いております関係者の皆様方に、敬意と感謝を申し上げます。

イベントに関わられた皆様、大変お疲れ様でした。来年も楽しみにしております。

 


 

・田中房一さん100歳慶祝訪問

田中房一さん百寿慶祝訪問

 6月1日(金)棚野の田中房一さんが百寿を迎えられ、現在入所されている上勝町のケアハウス「鳩の家」で行われたお祝いに出席し、お祝い状と記念品を贈りました。

 

お元気で100歳を迎えられたこと、本当におめでとうございます。

 

1912年(明治45年)に生まれ、町内で家具職人として働いていた田中さん。
趣味は写真で、家族からお祝いにデジタルカメラを贈られると「舞踊や風景を撮りたい」と喜ばれていました。

 

年齢を感じさせず、いきいきと暮らされている姿に、私も元気をいただきました。

・徳島県議会経済委員会 視察

H24徳島県議会経済委員会視察

5月31日(木)徳島県議会経済委員会の委員が、JA東とくしま農産物直売所「よってネ市」に、視察のためご来町されました。

 

道の駅「ひなの里かつうら」において、JA東とくしま荒井組合長、末廣副参事とともに歓迎し、勝浦町の交流拠点施設を視察いただいた事は、町の取り組んでいる「観光・交流・にぎわい」のまちづくりを知っていただける良い機会となりました。

・防災倉庫 完成

H24防災倉庫 完成

5月30日(木)大規模な災害に備え設置された、役場敷地内に防災倉庫が完成しました。


倉庫には、毛布や非常食など、災害時における必要物品を備蓄します。

いつ襲ってくるかわからない自然災害などに対する防災対策は、日頃から準備しておく必要があります。


設備の充実を図り、防災活動に必要な知識・技術を地域の皆さんが学ぶ事も、地域防災力を高めるためにとても重要です。


もしもの災害に備えて、被害を最小限にとどめるために、地域のみなさんで協力し、災害に強いまちづくりを目指しましょう。

・新嘗祭供御献穀粟播種式

H24 新嘗祭供御献穀粟播種式2 H24 新嘗祭供御献穀粟播種式1

5月29日(火)、新嘗祭(にいなめさい)に供える献穀粟の播種式(はしゅしき)が12年ぶりに坂本で行われ、献穀者の稲井稔さん始め、関係者の方々とともに出席しました。

 

新嘗祭は毎年11月23日に開かれ、その年の新穀を天神地祇(ちぎ)に献供するとともに、天皇自ら食し、作物の収穫を祝い、豊穣を祈る宮中行事です。


豊作を祈願する神事を行った後、五穀豊穣を祈りながら丁寧に粟の種を播きました。
秋の収穫を楽しみにしています。

・第19回 近畿かつうらふるさと会 総会・懇親会

 第19回近畿かつうらふるさと会総会2 第19回近畿かつうらふるさと会総会

5月27日(日)ラマダホテル大阪で盛大に開催された、近畿かつうらふるさと会の総会・懇親会に出席しました。


会員と勝浦町からの参加者など120名あまりが集まる中、阿波踊り「やっこ連」が華を添え、会場は笑顔で溢れていました。

 

近畿かつうらふるさと会は、近畿圏でお住まいの勝浦町出身者が集まり、平成6年に発足した会です。

 

年代や学校の違いの垣根を越えて、楽しく懐かしい故郷の話ができる貴重な時間を過ごす事ができました。

・勝浦中学校 体育祭

 H24 勝浦中学校 体育祭

5月13日(日)好天に恵まれ絶好の体育祭日和のなか、勝浦中学校のグラウンドで開催された体育祭に出席しました。

 

各競技を全力で取り組む姿勢は清々しく、応援に駆けつけた家族や地域の方々に、さわやかな感動をもたらしました。

 

生徒の皆さんも仲間と感動を分かち合ったことでより強めた絆を、今後も各方面で発揮し、充実した学校生活を送ってください。

・道の駅一周年記念祭・軽トラ市

 H24道の駅一周年記念祭・軽トラ市1 H24道の駅一周年記念祭・軽トラ市2

5月6日(日)道の駅「ひなの里かつうら」で開駅一周年記念祭を開催しました。
イベントの目玉として、先着150名様にご用意した特製の紅白まんじゅうは、開始後15分で配り終え大盛況でした。


サプライズイベントは、当駅が開駅した2011年3月13日にちなんで、313組目のお客様に花束や商品の詰め合わせを駅長として手渡しました。
運よく来駅されたお客様は「くす玉を割ったのも、こんな風にプレゼントをいただいたのも初めて。ものすごく嬉しい」と大変喜んで頂けました。

 

 

同日開催された、かつうら元気市主催の軽トラ市は、前回の反省を踏まえ、会場の場所やレイアウトなど細かな工夫を凝らされており、関係者皆さんの”より良いイベントにしたい”という想いが伝わってきました。


今回の集客は2300名あまりで、次回11月の開催も決定しています。回を重ねる毎に充実し、勝浦町の観光交流の場として定着することを期待しています。

・平成24年度 敬老会

 H24敬老会3H24敬老会2 H24敬老会1

4月初めから5月中旬にわたり、勝浦町各地区で毎年恒例となっている敬老会が開催され出席しました。

 

各地区ごとに趣向を凝らした出し物が披露され、皆さんと笑顔で楽しみました。
昔をなつかしみ、お互いの健康を気遣う会話にも花が咲き、元気な声が響いていました。

 

日程が重複したため、すべての地区に出席できなかったことは、非常に残念に思います。

 

町民の多数を占めるご高齢の皆さんが、元気で明るく毎日を過ごされていることが、町全体の活気に繋がります。

「健康寿命」を延ばし、健康で楽しく暮らしてください。

 

・武者人形祭り

 H24武者人形まつり H24武者人形まつり2

4月下旬~5月上旬にかけて、横瀬地区の住民でつくる団体「かせやまクラブ」が、端午の節句に合わせて武者人形や鯉のぼりを飾り付ける「武者人形祭り」が行われました。

このイベントは、ビッグひな祭りの際、武者人形の引き取りを希望する多くの声に応える形で計画され、家庭で飾られなくなった人形や鯉のぼりを引き取り、供養した後に展示するものです。
県内153件から持ち寄られた約800体の人形は鹿背山神社で供養され、中央商店街や道の駅「ひなの里かつうら」、保育園などに飾りつけられました。
保育園とせせらぎ橋近くには鯉のぼりも飾られ、清風を優雅に泳ぐ姿が人々の目を楽しませていました。

町民の方々が主体となり、町の活性化・交流促進につなげようと、イベントを企画し実行する行動力を持っていることは、勝浦町にとって素晴らしい財産です。
これからも皆さんの活躍に期待しています。

 

 ・勝浦町身体障害者会 総会

H24身体障害者会総会 

4月17日(火)ふれあいの里さかもとで、勝浦町身体障害者会の総会が行われ出席しました。

 

身体障害者会は、自らが積極的に社会活動などに参加するように努めると同時に、会員相互の親睦・連携を深めることなどを目的とされています。

 

今回は30名ほどの方々が参加され、総会の後には体育館で、障害のある方が安全に楽しめるスポーツとして親しまれている競技で体を動かしました。
”ペタンク”をされる方や、”フライングディスク”には私も参加し、皆さんとともに、楽しいひと時を過ごしました。

 

・4月9日(月)・4月11日(水) 行事

橋本剛さん感謝状贈呈

 

キンキサイン㈱調印式

 

 

 4月9日(月)人命救助をされた橋本剛さんに対し、感謝状と記念品を贈呈しました。
この表彰は、1月8日に自宅近くの用水路に自転車ごと転落し動けなくなっているご高齢の男性を発見し、救出された功績を称えたものです。

橋本さんは、「当たり前のことをしただけ。人通りが少なく寒い日だったので、早く発見できてよかった」と話されていました。
’当たり前のことを当たり前にする’その素晴らしさが、人を救うことに繋がったことは、紛れもない事実です。
この事実に触れ、当たり前の大切さを改めて感じることができました。

 

 

 

 

 

 

4月11日(水)大規模災害時の飲料水確保のため、キンキサイン㈱と「災害時における救援物資提供に関する協定書」を締結したことに伴い、調印式を行いました。
協定は、震度5弱以上の地震や同程度の災害が発生した際、キンキサイン徳島工場で清涼飲料水を製造する過程にくみ上げている地下水を、無償で町に提供して頂けるというものです。
締結に当たり、非常用電源を設置し、停電時においても毎時15トン(2㍑入りペットボトル7,500本分)の飲料水を供給できるようになりました。

現在、いつどこで災害が起きてもおかしくない状況です。災害を想定した場合、必需品となる飲料水の確保にご協力頂けたことに、心から感謝します。

・平成24年度 入学式

H24徳島医療福祉専門学校入学式

H24勝浦中学校入学式 H24生比奈小学校入学式 

 

4月7日(土)徳島医療福祉専門学校で、10日(火)生比奈小学校と勝浦中学校で、それぞれ入学式が開催され出席しました。

 

 

 

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。

どの入学式も皆さん初々しく、これから始まる新たな学校生活への期待に、目を輝かせていました。

 

新入生一人ひとりが気持ちを新たにして、新しい世界に踏み出していきます。その中で、いろいろな人と関わり合い、人として成長していくのだと思います。


生徒たちの健やかな成長を祈り、充実した学校生活を送るために、学校、家庭、地域が一体となった取り組みで、手を差しのべられるよう共に協力していきましょう。

 


 

・第9回勝浦さくら祭り開会セレモニー

 

第9回勝浦さくら祭り 第9回勝浦さくら祭り2 

4月8日(日)毎年、さくらの時期をより華やかに彩るイベントとして生名ロマンの会主催で行われている、さくら祭りの開会セレモニーが行われ出席しました。
飯泉徳島県知事を始めとした、たくさんのご来賓の方々も出席されるなか、坂本女神楽、日本舞踊、勝浦中学校生徒による「人形浄瑠璃」、四国大学学生によるバトントワラー演技・ジャグリング演技など、数々のステージで賑わいました。
人力車やトロッコ、舟下りから桜を楽しむことができ、普段とは違う角度からの景色に皆さんの笑顔がこぼれていました。
勝浦さくら祭りは、3月25日から4月10日の期間で、夜桜がライトアップされ幻想的な美しさで花見客を魅了していました。

桜を”魅せる”努力をされている生名ロマンの会の皆さんの手により、素敵な桜と笑顔に出会い、春を満喫することができました。
来年の桜の季節も楽しみにしています。

(写真提供:生名ロマンの会)

・3月27日(火)~3月31日(土)出席行事

陸上自衛隊徳島駐屯地 編成完結式

 

有害鳥獣捕獲対策協議会

 

陸上自衛隊徳島駐屯地 開設記念式

 

 

3月27日(火)阿南市那賀川町に開設された県内初の陸上自衛隊徳島駐屯地で行われた阿南市主催の編成完結式に出席しました。


第十四施設中隊を主力とする部隊が移駐されます。
災害時の安心安全な支援活動等に大きく貢献いただけると期待します。

 

 

 

 

 

3月30日(金)勝浦町有害鳥獣捕獲対策協議会に出席しました。


依然として鳥獣被害は後を絶えない状態です。高齢化が進む農林業に従事されている方にとって鳥獣被害は大変深刻な問題です。
こうした厳しい状況下にありますが、これからも鳥獣害対策について各関係機関、農林業者が一体となって総合的に鳥獣害対策を実践する取り組みが極めて重要であると考えます。

 

 

 

 

 

 

3月31日(土)陸上自衛隊徳島駐頓地の開設記念式典が自衛隊主催で行われ出席しました。


渡辺周防衛副大臣や招待された市民ら約400人が見守る中、装備品のダンプカーやブルドーザーなどの閲覧行進が行われ、大きな拍手が送られました。
南海、東南海、東海の三連動地震の発生が予測されている中、駐屯地の開設は勝浦町にとっても心強いものになると感じています。

・横瀬小学校 卒業式

平成23年度横瀬小学校 卒業式 平成23年度横瀬少学校 卒業式2

3月16日(土)横瀬小学校の卒業式に出席しました。

 

小学校での6年間を、一生懸命勉強や運動に励み、健やかに成長された卒業生の皆さん。
中学校での新しい環境の中で気持ちを引き締め、自分の目標に向かってチャレンジする勇気と持って立ち向かって下さい。
これからも、ご家族をはじめ、先生方や地域の大勢の方々が、皆さんの成長に期待し見守っています。

ご卒業おめでとうございました。

・主要地方道阿南勝浦線沼江バイパス 開通式

沼江バイパス開通式1 沼江バイパス開通式

沼江バイパス開通式2

3月11日(日)、飯泉嘉門 徳島県知事、岡本富治 県議会議長をはじめ、多数のご来賓、地元関係者のご臨席のもと、主要地方道阿南勝浦線沼江バイパス開通式が開催されました。
阿南勝浦線は、物流や、通勤等に欠くことのできない幹線道路となっておりますが、交通量の増加のため渋滞を引き起こし、皆様にご迷惑をお掛けしてまいりました。
そのため「早期にバイパスを」という関係者の方々の強い熱意やご尽力、深いご理解により晴れて開通することができました。
今、県道阿南勝浦線は緊急